電子工作キットを頒布しています(2020年10月6日現在)

Dsc_0087_20201013231301

◆はじめに

お待たせしました。2020年のキット頒布を順次開始します。

今年は、ハムフェア2020が中止になり頒布予定数が大幅に少なくなってしまいました。

ご希望に沿うキットが有りましたら早めにお申し込みください。

なお、(営利目的ではなく)趣味でやっておりますので、不具合が発生したり性能が出ない場合もあります。

ご容赦ください。(出来る限りのサポートは致します。)

※複数個ご希望の場合、合計金額から割引が適用される場合があります。(最大500円)

種類や大きさにより条件が異なるため、受けメールで個別に回答致します。


◆CWエイリアン(CW受信練習ゲーム)

JQ1SRNさんのCWインベーダーに触発されてCW受信用のゲームを作成しました。

基本基板のサイズもCWインベーダーと同じ(秋月C基板)サイズでC基板用アクリルパネルが使用できます。追加部分は、オプション基板に集約しました。

Dsc_0171_20201023205301

①キットの内容

  • CWエイリアン(欧文/和文):表示された文字とCW信号の一致・不一致を選択するゲーム
  • CW聴き取り        :モールス(欧文:A~Z、1~0、記号 和文:ア~ン、記号)が順に流れ表示で確認できます。(初心者用)
  • I-DA-KEN(偉打鍵)    :1分間に「V」(・・・-)を何回打てるか競うゲーム(単純ですが燃えます

②頒布品の種類

写真 種類 特徴 予定数 頒布価格
Dsc_0087

フルキット

オプションを含んだキット

・外部スピーカー対応
・イヤホン対応


9

10

4,500円
Dsc_0088 基本キット 本体のみのキット
(オプション無し)
5 4,000円
Dsc_0087 完成品

フルキットの完成品


1

5,500円
Dsc_0411 ブレットボード

ハンダ付けや電子工作が苦手な方向けのキット

4 4,000円
Dsc_0404_20200627080701 替えROM 既にCWインベーダーをお持ちで、安価にCWエイリアンを体験したい方にお勧め 20 1,500円
Dsc_0099

完成品

マウス型パドル


簡易型バトル

数に限りがあるためCWエイリアン同時購入限定です。(単品頒布は有りません。)
通常の簡易パドルとしてもお使いいただけます。

※市販品改造の為、パターンカットやジャンパー配線があります。

5 500円

※頒布価格は、送料込みです。

※モニターさん限定無償アップデートは10月31日まで

③関連ドキュメント

ドキュメント 対象
CWエイリアンの遊び方 全キット
CWエイリアンキット(本体)の組み立て方 フルキット、基本キット
CWエイリアンキット(サブ基板)の組み立て方 フルキット
CWエイリアンキットの部品表 フルキット、基本キット
CWエイリアン亜種(ブレボでいいの)について ブレットボード版
CWエイリアン(差し替えROM版)について 替えROM版
マウス型パドルについて 全キット

※ブレッドボード版以外は、ROMを交換することでCWインベーダーを遊ぶことができます。

※ゲームを楽しむには、別途DC電源(9~15V)と外部スイッチ(ボタンスイッチ×2 または2ボタン式パドル)が必要です。

※外部スイッチが用意出来ない場合は、マウス型パドルをご利用ください。(数量限定)


◆シールドバッテリー警報器(カーバッテリー対応版)
①キットの内容

  • シールドバッテリーまたは、カーバッテリーが一定電圧以下になると警報を光と音で知らせる
  • 外部出力により警報を外部に知らせる事が可能(60V以下、500mA以下)

②頒布品の種類

写真 種類 特徴 予定数 頒布価格
Dsc_0919

キット


・シールドバッテリーまたはカーバッテリーに対応します。(切替は設定変更が必要)

・警報を光と音で知らせます。


5
10

1,500円
Balm 完成品

上記に加え以下の特徴があります。

・シールドバッテリーまたはカーバッテリー用に調整済で出荷します。

・ガラス管FUSE(ミニサイズ)とFUSEフォルダーが一個ついてきます。


完売

2,500円

※頒布価格は、送料込みです。

③ドキュメント

シールドバッテリー警報器(Battery AlarmVer0.4a) ※カーバッテリー対応版


◆アナログタイマー「takemura kun」

①タイマーの概要

  • 30秒から12分のタイマーです。
  • 時間設定は、中央のツマミを回して(アナログ的に)設定します。
  • 9V電池を内蔵しており電源の無い所でもご使用いただけます。
  • 外部出力により、外部機器のスイッチON/OFFが可能です。(60V以下、500mA以下)
  • ケースのサイズ:85X59X40mm  (ツマミ 操作部外径:30mm高さ:17mm)
  • 数量限定のため1,500円OFFで頒布します。

②頒布品の種類

写真 種類 特徴 予定数 頒布価格
Dsc_0247 完成品

・シンプル設計、時間をツマミで設定し、

スタートボタンを押すだけ。

・標準:30秒~6分。

・2倍モード:1分~12分

ケースおよび電池を含みます。

5

4,000円

2,500円

※キットの頒布は有りません。

③ドキュメント

アナログタイマー取り扱い説明書(PDF)


FT-857/FT-897 Ext Mater

FT-857/FT897にはアナログメーター出力端子に接続してPOWER/Sメータ/SWR等をLEDで表示します。

表示は送信、受信それぞれに1項目です。本体の表示項目とは独立しているため、本体を含めて複数の表示が可能になります。

(使用例)

  送信時 受信時
本体 ALC Sメータ、電源電圧
Ext Mater SWR Sメータ

SWRが高い時と信号強度がS9+の時は赤いLEDが点灯しますので、遠くからも目立ちます。

在庫処分の為、500円OFFで頒布します。

②頒布品の種類

写真 種類 特徴 予定数

頒布価格

Eaz7yuuueaaybao 完成品

・送受信それぞれ1項目が表示可能
・接続は電源と3.5Φのオーディオケーブル(モノ、ステレオ両方とも可能)
・サイズ:91x57x31(突起部を除く)

1

2,000円

1,500円

③ドキュメント

FT-857/FT-897 Ext Materの頒布について


◆ピカント

ぬいぐるみ型430MHz帯広帯域アンテナ

準備中


◆頒布方法について

頒布品のお申込みからお届け迄を説明いたします。


①お申込み
(メール)


②ご回答
(メール)
③お支払い ④発送+メール

 

①お申込み(メール)

以下のテンプレートを参考にメールを送ってください。

件名 〇〇キット(または完成品)頒布希望
本文

お名前 (必須):
コールサイン(任意):
頒布品名(必須):
頒布品名    :
頒布品名    :
合計金額:
備考:

メールの送り先

Call

②ご回答(メール)

在庫を確認のうえ、お支払い方法について詳しく説明を致します。

※在庫切れの場合もありますので、ご回答メールが届くまでは、お支払いをお待ちください。

なるべく、早く回答いたしますが、2~3日経っても返事が無い場合は再度ご連絡下さい。

※メールの不通や、迷惑メールに振り分けられていた事がありました。

③お支払い

お振込み用口座は設けておりません。お手数ですが、以下のいずれかの方法でお願い致します。
定額小為替は手数料が発生し、発送までの日数もかかるため、
amazonギフトをお勧め致します。
※頒布価格は送料を含みます。複数お申込みの場合は送料の割引が適用される場合があります。

  • amazonギフト
  • 定額小為替(郵便局)

④発送+メール

支払いが確認できましたら、順次発送致します。

発送が完了したら、メールも送ります。

※発送は、普通郵便またはスマートレターを使用します。(完成品は宅配便)

追跡や時間指定が出来ませんのでご了承ください。

なお、受け取りの都合上宅配便や簡易書留をご希望の場合は、申込メールの備考等に

その旨記載してください。

宅急便、簡易書留等をご希望の場合は、予めお申込みメールの備考欄にご記入をお願い致します。

発送方法によっては、追加料金が発生する場合があります。

◆その他

  • 頒布品は原則ケースが付属しません。
  • 原則、紙のマニュアルは付属しません。本ブログの各ドキュメントをご覧ください。
  • 頒布品がイメージと異なる等の場合、頒布品到着後1週間以内、未作成(完成品の場合は未使用)
    に限り返品に応じます。お手数ですが、返品の際の送料はご自身のご負担をお願い致します。
  • 頒布品到着後、欠品が無いか確認してください。欠品の場合はご連絡ください。不足分を送ります。
    なお、部品に在庫が無い等、発送までにお時間を頂く場合があります。
  • 動作がおかしい、表示がおかしいなど、不具合が発生した場合はご連絡ください。
    出来る限りサポート致します。
  • キットに改造を加える場合は自己責任でお願い致します。(サポート対象外)
    なお、改造のアイデアやご提案は歓迎いたします。
  • 作成の代行は行っておりません。完成品については、在庫限りです。
  • 予告なく仕様変更を行う事があります。
  • 個人情報は、頒布品の関係にのみ使用し、発送後約1ヶ月で消去致します。
    再注文等の場合は、改めて注文メールをお願い致します。

 

 

2020年10月19日 (月)

M5Stack UIMflowでの画像(Image)とEEPROMの扱いについて

Eeprom

UIMFlowでは、EEPROMは共通のエリアに保存されていいる模様

従って、別のUIMFlowアプリからもキーワードが判れば参照・更新ができる。

①図のプログラムを実行します。

1段目:KEYデータ

2段目:書き込み予定。書き込みを実行すると赤い表示に変わる

3段目:読み込みでーた。読み込み前はNoneを表示。読み込むと赤く表示する。

Dsc_0130

②EEPROMのデータを読み込む

このデータは、時計プログラムで書き込まれたデータです。

Dsc_0131

③書き込みデータを書き換える

DATA1~DATA4を書き換えて書き込む。

Dsc_0132

④書き換えたデータを読み込む

書き換えたデータに変わっていることが分かる。

Dsc_0133

⑤存在しないデータを読み込む

データが存在しない場合はNoneが返る

Dsc_0134

画像について

今のところ、UIFlow以外では書き換え出来ないようだが、プログラム間で共用することができる。

応用

プログラム再開時に、前回使用したデータを引き継いだり、ゲームのHIスコアを保存したりできる。

ただし、キーワードがバレてしまうと書き換えられてしまうので工夫が必要かもしれません。

初期設定が必要な場合、今回のプログラムが参考になると思います。

 

 

 

2020年10月15日 (木)

UIFlowだけで、M5Stackのカウントダウンボードを作ってみた

Dsc_0119


補足:

①SDカードが読めないと思ったら、接触不良のようでした。

確認手順

  1. FAT32でフォーマットした16GB以下のスマートカードを用意し、SDスロットに挿す。
    ※2GのFATはダメでした。
  2. UIFlowを起動する。
  3. 新規プロジェクトを作成する。
  4. 高度なブロック⇒SDCard⇒WriteFileのサンプルをクリックする。
  5. Setupにつなげてブロックを完成させる。
  6. 右上の三角(RUN)ボタンを押す。(特にDownloadする必要は無い)
  7. エラーが無ければ成功(SDカードに”test.txt”が出来る。)
    ※エラーなら何度か挿し直すか、SDカードの接点の汚れを落とす

②UIFlowでバッテリー運用すると30秒程度で電源が落ちる。

ファームウェアが古いと起きるという記事もあったが、プログラムによっても起きたり起きなかったり、することが分かった。

電源が切れないプログラムは、高速で画面を表示している場合でした。

日本語のドキュメントに記載は見つかりませんでしたが、パワーセーブの様な動作でした。

 私の処理場合、ループ処理は使わずタイマーだけで処理していました。

無駄な処理ですが、空のループ処理を追加してあっさり解決。


Setupに追加した行

while True:
pass

 

 

 

 

 

(完成した?カウントダウンボード)

以前からやってみたかった、カウントダウンボードをUIFlowの練習を兼ねて作ってみました。

折角なのでオリンピック用にしてみた。(もちろん非公式)

無事に開催されるか?

Img_20201014232901

(開発の様子)

かなり手抜の仕様です。単に手を抜いたわけではなく、UIFLowでカバーできない部分を妥協した結果です。

  • 時間はNTPやGPSから取得するのではなく、M5Stackのタイマーを回しています。
    かなりズレると聞いているので秒までは表示しません。まあ、1日1回合わせれば何とかなるでしょう。
  • 目標の設定は残り日数のみカウントしています。
  • 日本語テキストが表示が出来ないので画像に直接書いています。
  • 文字のセンタリングをしていません。

仕様

  • 23時59分59秒を過ぎるとカウントが1つ減ります。
  • Aボタンを押すとSETUPモードに入り残に数と現在時間を設定・変更できます。
  • データの保管を行っていません。電源を切ると初期化されます。
  • 現在時刻(HH:MM)を表示します。現在時刻は1秒ごとにブリンクします。

Img2

UI部品

  • Title0(SETUP時)
  • Image0(背景)
  • Label0(カウントダウン)
  • Label1(Aボタン)
  • Label2(Bボタン/時計兼用)
  • Label3(Cボタン)
  • rectangle0(カウントダウンの枠)
  • rectangle1(時計の枠)

 

苦労した点

①背景画像を5枚読み込んだが1枚しか選択できない。

⇒UIFlow v1.45のバグぽくて、v1.65Betaにしたらあっさり読めた

②文字列操作が貧弱

例えば時刻の変数HHと分の変数から「HH:MM」形式にしようとすると

書式付きフォーマットがないので、1文字ずつ足していくことになった。

def str_time():
global mode, SS, TIM, LASTDATE, icount, MM, HH, cdown
TIM = ((str('0') + str(MM)))[-1]
TIM = (str(((str('0') + str(MM)))[-2]) + str(TIM))
TIM = (str(':') + str(TIM))
TIM = (str(((str('0') + str(HH)))[-1]) + str(TIM))
TIM = (str(((str('0') + str(HH)))[-2]) + str(TIM))

③UI部品は、一度画面に貼り付けないと呼び出しが出来ない。

⇒仕様なので仕方がない。

今後

電源が切れると初期化されてしまうのは痛い。SDカードに直前の情報を残しておいてそこから再スタートできるようにしたい。

 

 

2020年9月27日 (日)

M5ATOM体験記

P0

M5ATOM(M5matrix)がやってきたので、備忘録を記載します。

特にUI FLOWには、使い方を理解するまで苦労したwww

M5ATOMとは?

M5Stackについては、以下のサイトに丁寧にまとめられているので、説明を省略します。

M5StackとM5Stickの選び方(2020年2月) – Lang-ship

M5ATOMとは、(現在のところ)M5Stackシリーズの中で最小のモジュールです。

5X5のLEDを備えたmatrixとLiteの2種類があります。参考にMicro:bitも記載しました。

  ATOM matrix ATOM Lite Micro:bit(参考)
大きさ 24x24x14 mm 24x24x10 mm 43x52x11 mm
重量 14 g 12 g 9 g
LED 25(5x5)RGB LED 1 RGB LED 25(5x5)赤
コア ESP32 PICOベース ESP32 PICOベース 32 bit ARM Cortex M0ベース
USB TYPE-C TYPE-C マイクロ
センサー IMU(加速度,角度) IMU(加速度,角度) 光,温度,磁気,加速度
開発環境

・Arduino-IDE
・M5UI.Flow


・Arduino-IDE
・M5UI.Flow


・Microsoft MakeCode
・Pythonエディター

少し残念なのは、M5シリーズはセンサー類を外付け(オプション)にしている点です。

価格を抑える点では有効ですが、最初から多くを内蔵しているMicro:bitに慣れているので不満に感じます。

また、オプションを増やしていくと結構な価格になり、折角小さく作った利点が損なわれます。

センサーの例(SWITCH SCIENCE調べ)

  • 光センサー :GROVE - 光センサ  583円
  • 温度センサー:GROVE - 温度センサ 440円

M5UIFlowの導入

Arduino-IDEの操作は、他のボードとほぼ同じため省略します。
M5UI.Flowは、Micro:bitのMakeCodeと同じようにGUIでプログラミングすることが出来ます。

しかし、M5ATOMはディスプレイが無いため結構はまる人が多いようです。

また、ツールの画面構成が変更され古いドキュメントでは参考にならないので再整理しました。

①インストールの準備
以下のサイトから以下のツールをダウンロードします。

https://m5stack.com/pages/download

Wi-Fi環境がある場合、②③は必要ありませんがオフライン開発を考慮して、今回はDesktop環境を構築したいと思います。

P2

①CP210X Driver:USBシリアル用ドライバ
②M5Burner:UI.Flowのファームウエア
③UIFlow-Desktop-IDE:開発ツール


CP210X Driverのインストール

  1. ダウンロードしたCP210x_VCP_Windows.zipを解凍します。
  2. CP210xVCPInstaller_x64_v6.7.0.0.exeを実行します。(Windows10の場合)
  3. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリック
  4. 指示に従ってインストールを進め「完了」でインストール終了

M5Burnerの実行

ここで、M5ATOMにUIFlowに必要なファームウェアをM5ATOMに書き込みます。

  1. ダウンロードした M5Burner.zipを解凍します。
  2. M5ATOMをUSBケーブルでPCと接続します。接続しないと5項で、
    COMポート番号が選択できません。
    ※初めて接続した場合、ドライバーのインストールが始まる事があります。インストールが終わるのを待ってから作業を進めてください。
  3. M5Burner.exeを実行します。
    P3
  4. 左のバーからATOMをクリックします。UIFlowが表示されます。
    P4
  5. UIFlowが表示されます。メニュー上部のCOMポート番号を選択します。
    Baudrateは115200を選択してください。【はまりポイント】
    ※COMポート番号は各PCの環境により異なります。(私の環境ではCOM16でした。)
    COMポート番号が判らない場合は、USBを挿した時だけ現れるCOMポート番号を設定してください。
    ※PCに詳しい方は、デバイスマネージャーで「Silicon Labs CP210x USB to UART Bridge」
    となっているCOMポートを探してください。
    なお、環境によっては、「Silicon Labs CP210x USB to UART Bridge」「USB Serial Port」
    と表示されます。
    P11
  6. 右のプルダウンメニューを選択してください。
    今回は最新の、v1.6.3-matrixを選択しました。
    続いて、Downloadを選択すると、緑のバーが動いて
    ネットからファームウェアがダウンロードされます。
     P4
  7. ダウンロードが完了すると以下の画面に切り替わりBrunが選択できるようになります。
    P5
  8. Brunをクリックします。USB接続でもWiFi設定画面が出てきますが、
    何も設定せずに「Start」ボタンをクリックします。【はまりポイント】
    P6
  9. Startをクリックするとまた画面が切り替わります。
    ここで、エラーが発生する場合は、5項の設定を確認してください。
    P7
  10. 100%になって、Brun SuccessFullyと表示されたら
    ファームウェアの書き込みは成功です。
    closeボタンをクリックしてください。
    P8
  11. M5ATOMをUSB接続で実行するための環境を設定します。
    Configulationクリックしてください。
    P5
  12. Start ModeをUSB Modeにしてください。【はまりポイント】
    これを忘れるとUIFlowの接続に失敗します。
    その他はデフォルトのままで結構です。
    ※Wiーfiに切り替える時はここで変更できます。
    P09
  13. Saveをクリックしたら書き込みが行われ作業は終了です。
    M5ATOMはLEDが点灯した状態になっていますので、
    作業が終了したらUSBを抜き、M5Burner.exeを 終了してください。
    ※LEDが点灯したまま放置すると熱を持ちます。(0.13A程度電流が流れます)

M5UIFlowの実行

では、実際にM5UIFlow.exeを起動し簡単に動作を確認しましょう。

  1. ダウンロードしたUIFlow-Desktop-IDE.zipを解凍します。
  2. M5ATOMをUSBケーブルでPCと接続します。
  3. 前面のLEDスイッチを押したままリセットスイッチ(本体横)を押します。【はまりポイント】
  4. 色が変わるので、青色になったらスイッチを離します。
    ※失敗した場合は、3項から再度実施してください。(少し慣れが必要です。)
    ※色の意味は次の通りです。
    緑:WiFiに接続し書き込み状態になるモード
    青:USB接続しIDEから書き込みができるモード
    黄:WiFiのAPになりセットアップできるモード
    紫:書き込まれたアプリを起動するモード
  5. UIFlow-Desktop-IDE.exeを実行します。
  6. v1.4.5をクリックします。
    P12
  7. 設定画面が表示されるので、COMポート、言語、Device(ここではmatrix)
    を選択後、OKをクリックしてください。
    ※COMポート番号は、M5Bunerで設定したものと同じものです。
    なお、USBポートを変えると番号が変わる場合があります。
    P13
  8. 次のような画面が表示されます。
    P14
  9. 画面左下が接続済みになっていれば正常です。
    P15

    もし、Disconnectedになっている場合は接続に失敗しています。
    USBケーブル、COMポート番号、M5ATOMが青になっているか等を確認してください。
    P16

◆M5ATOM(UIFlow)でLチカをやってみる

  1. 「セットアップ」と表示されている場所にUIでプログラムをします。
    P17
  2. 「イベント」⇒「ずっと」の順にクリックします。「ずっと」がグレイで表示されます。
  3. 表示されたパーツをSetupの下に付けます。プログラムが有効になると色が付きます。
    P18
  4. 「ハードウェア」⇒「RGBカラー」⇒「LEDバーの色を色に設定する」の順にをクリックします。
    「LEDバーの色を色に設定する 」を「ずっと」の中に入れます。
    P19
  5. 「LEDバーの色を色に設定する」を右クリック⇒「複製」の順にクリックします。
  6. 複製された「LEDバーの色を色に設定する 」を2つ重ねます。
    をクリックし表示された色見本から黒(右上)を選択します。
    表示が「LEDバーの色を■色に設定する 」に変わります。 
    P20
  7. 「タイマー」⇒「1秒停止」の順にクリックします。
    「1秒停止」 を複製し図のように配置します。
    これでプログラムは完成です。

    P21 
  8. 画面右上の「RUNボタン」をクリックします。
    画面が1秒毎に赤く点滅ですます。
    ※「RUNボタン」で転送したブログラムは電源を切るとM5ATOMから消えてしまいます。主に、開発中に使用します。
    P23
  9. 作成が終わったプログラムをM5ATOM内に保存する場合は、「Download」ボタンをクリックします。
    その他、ファイルとして保存する場合は、「SAVE」や「LOAD」も使えます。
    P24

最後に

UIFlowだけで、高度なプログラムを書くことは厳しいと感じました。
実際の開発では、UIFlowでスケルトンを作ってPythonで詳細を記述する方が
便利に思えます。何が出来るかしばらく遊んでみます。

2020年9月16日 (水)

CWエイリアンキット(本体)の組み立て方

Ver0.3 2020/09/21

Dsc_0069

CWエイリアンキット(本体)の組み立て方について解説します。

サブ基板についてはこちらをご覧ください。

CWエイリアンキット(サブ基板)の組み立て方(リンク)


【キットの作成について】

  1. 以下のリンクから部品に不足が無いか確認してください。不足が有る場合は、ご連絡をお願い致します。
    CWエイリアンキットの部品表

  2. 部品はパッケージ毎に出し入れしてください。特にコンデンサは、文字の表示が小さいので混ざると大変です。
  3. ハンダコテ(電子工作用)、ハンダ、ニッパ等を用意してください。
  4. 工作の時間は30分~1時間程度です。時間に余裕をもって作業してください。
  5. お子様が作業する場合は、必ず保護者が付き添ってください。
  6. 火傷やケガに注意してください。
  7. 部品の取り付けは比較的小さな部品から大きな部品の順に行うと作業がしやすいです。
  8. 基板に部品の記号(R1やC1等)を記載していますが場所が判らない場合は、本マニュアルの写真等で確認してください。

【組立手順】

①圧電スピーカ

パッケージ 部品記号 部品名 備考
PKG-02 SP1 圧電スピーカ:角  

表面実装部品(SMD)ですが、1辺が12mmと大きいため、取り付けは難しくありません。

Dsc_0036_2

参考:表面実装部品(SMD)のはんだ付け(古賀電子さんのサイト)

 

  1. 基板裏面のSP1と書かれたと所の一方に、ほんの少しだけハンダを盛ります。(たくさん盛らない)
    Dsc_0039
  2. 部品が線からはみ出さない位置に抑えながら仮止めします。
    ※指で押さえると火傷の危険性があるのでピンセットを使うか、ドライバーの柄の部分で抑えると良い。
    ペンチを使うと部品や基板を傷つけてしまう可能性があります。 
    Dsc_0090  
  3. 反対側の電極にハンダ付けします。
  4. 先ほど予備はんだした方に仕上げのはんだ付けを行います。
    Dsc_0042


②コンデンサ

パッケージ 部品記号 部品名 備考
PKG-02 C7 コンデンサ
1μF(105)
C8
C9
PKG-03 C1 コンデンサ
22pF(22)
C3
PKG-05 C2 コンデンサ
0.01μF(103)
C4
C6

Dsc_0079

極性は有りません。


③抵抗

パッケージ 部品記号 部品名 備考
PKG-02 R6 抵抗 510Ω(緑茶茶 )
PKG-04 R1 抵抗 1KΩ(茶黒赤) 
R3 1KΩ(茶黒赤) 
R4 1KΩ(茶黒赤) 
PKG-05 R2 抵抗 10KΩ(茶黒橙)
R5 10KΩ(茶黒橙)


Dsc_0044

抵抗は、写真のようにリード線を曲げます。
取付位置は○印が抵抗、印が無い方が曲げたリード線です。
Dsc_0080
   


 ④極性がある部品

パッケージ 部品記号 部品名 備考
PKG-04 D1 LED  
U2 3端子レギュレータ
 
C5 電解コンデンサ
 
D2 ダイオード
 

Dsc_0081

  1. LED
    リード線が長い方が「+」です。
  2. 3端子レギュレータ
    平らな面を画面の右側に向けます。
  3. 電解コンデンサ
    リード線が長い方が「+」です。
  4. ダイオード
    黒いラインがある「K」側のリード線を曲げます。取付方法は抵抗と同じです。

  Dsc_0071


⑤ソケットスイッチ類

パッケージ 部品記号 部品名 備考
PKG-01   ICソケット(28P)  
PKG-04 SW1 スライドスイッチ
 
F1 リセッタブルFUSE
極性はありません。
PKG-05 J2 ミニステレオジャック 
 

Dsc_0082

リセッタブルFUSEは、過電流時に熱を発生させますので、リード線の折れ曲がり(S字部分)を直さずに、ハンダ付けしてください。


⑥クリスタル、2Pピンヘッダ、DCジャック

パッケージ 部品記号 部品名 備考
PKG-02 JP1 2Pピンヘッダ  
PKG-03 X1 クリスタル
 
PKG-04 J1 DCジャック
 

Dsc_0084
ピンヘッダとピンソケットは、セットにすると取り扱いが楽です。

Dsc_0084-_2p

クリスタルは、基板から少し離して取付ます。

  1. 太さが1~1.5mm程度 のフラットケーブルまたは2~3本をテープで平行に束ねた線を用意します。
    Dsc_0094
  2. 基板とクリスタルの間にケーブルを差し込みます。
  3. クリスタルを抑えながらクリスタルのリード線を1本だけ、ハンダ付けします。(火傷注意
    Dsc_0093
  4.  フラットケーブルを引き抜きます。
    Dsc_0051
  5.  基板とクリスタルが平行になるよう調整してから、残りのリード線のハンダ付けをします。 

⑦L型ピンソケット

パッケージ 部品記号 部品名 備考
PKG-01 J3 L型ピンソケット  

オプションボードや大型LCD等を使用する予定が無ければ、取付を省略しても結構です。(後から取り付ける事も可能)
Dsc_0053

また、ICソケット上部の「+5V」は将来の拡張用です。部品の取り付けは有りません。

Dsc_0089

※+5Vは出力専用(トータル0.1A)です。ここから電源を、供給しないでください。


⑧LCD

パッケージ 部品記号 部品名 備考
PKG-02   LCDバックライト  
PKG-06 U3 LCD  

LCDは、一番故障が起きやすい部品です。

LCDは出荷前に全数動作確認していますが、ハンダ付け時の熱で壊れる事もあります。

なるべく、短時間でハンダ付けするよう気を付けてください。

Dsc_0054

LCDとバックライトを組み合わせて実装します。

  1. バックライトの両面テープ(上下2本)をはがします。
    Dsc_0055
  2. LCDの裏側にバックライトを付けます。
    リード線「黒」は④と⑤の間を通します。
    リード線「赤」は⑥と⑦の間を通します。

    Dsc_0056
  3. LCDの足を綺麗に揃えてください。曲がっていると基板にささり難くなります。
    無理に押し込むとピンが曲がってしまいます。
    バックライトのリード線は後から取付ます。
  4. LCDのハンダ付けを行ってください。
    Dsc_0058

  5. 写真の様に、バックライトのリード線(赤および黒)を表から差し込みます。
    先端をL字に曲げてハンダ付けします。
    ※リード線をカットする必要はありません。
    余ったリード線は、LCDの横の邪魔にならない所にまとめてください。

    Dsc_0060
     補足:LCDを取り付けるとエイリアンのイラスト(牙)が見えなくなります。
       このイラストが見られるのは、作成した人の特権ですw

⑨マイコン

パッケージ 部品記号 部品名 備考
PKG-01 U1 マイコン  

パッケージ:PKG-02
Dsc_0088   

マイコンの切込み(半円)がある方を写真の左側に来るように差し込んでください。
最後に、ハンダ付け漏れが無いか確認してください。特にICソケットとLCDは注意してください。


【動作確認】

①事前準備

動作確認を行う前に以下の準備をしてください。

  • 電源DC9~15Vのセンター「+」の電源を用意してください。DCプラグのサイズは、2.1Φです。
  • 電源スイッチ(本体上部)を右にスライドしてください。
  • 外部スイッチを2個用意し、図のように配線してください。
  • JP1に2Pピンソケットを挿してください。ソケットを挿さないと音が鳴りません。
  • オプションボード(本体左側)は接続しない。

Key_20200921000701

※キットと同時購入限定ですが、マウス型パドルも頒布致します。(数に限り有り)

マウス型パドルについて

Dsc_0099


②電源を入れる

  1. 電源スイッチを左にスライドしてください。LCDのバックライトが発光します。
    ※バックライトが発光しない場合は、直ちに電源を切り配線を確認してください。
  2. 「ピコーン」と音がします。音がすれば、マイコンは動作しています。
    ※音がしない場合は、スピーカー回りやジャンパーを確認してください。
    ※スピーカー周りに異常が無い場合は、ICソケットの配線やクリスタル周りを確認してください。
  3. LCDにバージョン画面が表示されます。
    ※画面に何も出ない場合、一度電源を切り、再度電源を入れてください。
    ※電源を再投入しても画面が表示されない場合は、LCD、C7、C8、C9、R5、D2周りを確認してください。
    ※画面が反転する、上下逆になる場合はLCDの④~⑧端子のハンダ付けを確認してください。
    ※上記確認を行っても、LCDが表示されない場合は、部品不良の可能性があります。メールでお問い合わせください。
    なお、回答は数日かかる場合があります。ご容赦ください。
  4. 電源が入りしばらくすると、オープニングデモが表示されます。以下の画面表示されれば、起動は終了です。
    Dsc_0372_20200621000401

③初期化する

マイコンは初期化済ですが、念のため初期化作業を行ってください。

  1. 電源を切る。
  2. SW2を押しながら電源を入れる。
  3. 「ピ」と音がしたら、SW2を離す。
  4. 以下のメニューが表示されたらSW1を押す。(SW2は初期化キャンセル)
    Dsc_0373
  5. 「ピコーン」と音がして、初期画面が表示される。

以上で作成は終了です。お疲れ様でした。

Coffee

 

CWエイリアンキット(サブ基板)の組み立て方

Ver0.1 2020/09/21

Dsc_0068

【サブ基板 について】

CWエイリアンキットは、オプションにより機能を拡張できます。
CWインベーダで希望が多かった大型LCD対応やイヤフォンに本体を改造することなく対応できます。

※大型LCDの対応については、最後に解説いたします。

「CWエイリアンキット(サブ基板)」で拡張する機能は以下のとおりです。

  • 外部スピーカーとイヤホンの切替
  • イヤフォンの音量調整(半固定)
  • I-DA-KENの時のサイドトーン

CWエイリアン本体と「CWエイリアンキット(サブ基板)」は、6Pピンソケットで接続します。

Dsc_0067

インターフェースは以下のとおりです。

PIN番号 名称 備考
1 SP CWエイリアンのサイドトーンと効果音
2 CW I-DA-KEN専用サイドトーン
3 +5V 外部電源(3)
4 GND 共通アース(4)
5 SDA 外部LCD用(1)
6 SCL 外部LCD用(2)

大型LCD(I2C対応)を使用する場合は、PIN3~6を接続してください。

Dsc_0075

また、Grove対応のLCDを接続するばあいは、変換ケーブルが必要です。(ピンの順番と形状が異なるため)
※Groveとは、seeed studioが開発している 差すだけで扱えるセンサーなどがあるモジュールのことです。
※CWエイリアン本体は、I2Cのみ対応。(アナログおよびデジタル未対応)


【キットの作成について】

  1. 以下のリンクから部品に不足が無いか確認してください。不足が有る場合は、ご連絡をお願い致します。
    CWエイリアンキットの部品表
  2. 部品数が少ないため、1つのパッケージ(PKG-07)に全て入っています。
    Dsc_0063
  3. ハンダコテ(電子工作用)、ハンダ、ニッパ等を用意してください。
  4. 工作の時間は10分~20分程度です。時間に余裕をもって作業してください。
  5. お子様が作業する場合は、必ず保護者が付き添ってください。
  6. 火傷やケガに注意してください。
  7. 部品の取り付けは比較的小さな部品から大きな部品の順に行うと作業がしやすいです。
  8. 基板に部品の記号(R1やC1等)を記載していますが場所が判らない場合は、本マニュアルの写真等で確認してください。

【組立手順】
①コンデンサ

パッケージ 部品番号 部品名 備考
PKG-07 C10 コンデンサ 0.01μF(103)
C11
C12

Dsc_0064


②ICソケット、スイッチ、抵抗

パッケージ 部品番号 部品名 備考
PKG-07
  ICソケット 8P
J5 ミニステレオジャック  
SW2 スライドスイッチ  
J4 L型ピンヘッダ  
JP2 2Pピンヘッダ  
R7 抵抗 1KΩ(茶黒赤)スピーカ保護用
VR1 半固定抵抗 50KΩ(503)

Dsc_0065


③マイコン、スピーカ

パッケージ 部品番号 部品名 備考
PKG-07
U4 マイコン  
SP2 圧電スピーカ:丸  

Dsc_0066

なお、+5V端子は使用しません。またGND端子は未接続です。

ここから電源を取り出す場合は、GNDにジャンパー線を配線してください。


【サブ基板の使い方】

①接続

本体の電源を切った状態で、サブ基板を接続します。

6Pピンヘッダがズレていない事を確認してから本体電源を入れてください。

サブ基板の電源は本体から供給されます。

Dsc_0067

②イヤホンとスピーカ切替

サブ基板のスピーカーを使う場合は、本体のJP1を抜いてください。

スライドスイッチを右にすると、サブ基板のスピーカ:丸から音が出ます。

スライドスイッチを左にすると、イヤホンになります。ステレオイヤフォンを

接続してください。(モノラルイヤホンでは音が出ません。)

イヤホンのボリュームは、半固定抵抗で調整できます。

③I-DA-KENのサイドトーン

I-DA-KENを実行中のサイドトーンは、本体側では鳴りません。

本体のCW信号により、サブ基板のマイコンがサイドトーンを鳴らします。(周波数固定)

サイドトーンを鳴らしたくない時は、JP2を抜いて下さい。

 

※JP2(下側)とGNDの間に電鍵を接続すると、簡易なCW練習機になります。

 

2020年9月12日 (土)

CWエイリアンキットの部品表

CWエイリアンキットは、7個のパッケージに分けてあります。

キットの作成前に各パッケージに不足が無いか確認してください。

ICソケットなど一部の部品は回路図に記載が無い物があります。

※1つのパッケージに異なる抵抗やコンデンサが入らないよう分けてあります。

※抵抗やコンデンサの後の()にカラーコードや容量記号を記載してあります。

20200912_20200913195401

【PKG-01】マイコン関係

部品記号 部品名 備考
U1 マイコン ATMEGA328(28Pタイプ)
- ICソケット 28P
J3 L型ピンソケット 6P
- メイン基板 基板番号:CA_02_A(裏面に記載)

【PKG-02】スピーカー・LCD関係

部品記号 部品名 備考
SP1 圧電スピーカ:角 表面実装型、基板裏面に実装
- LCDバックライト 極性有り:赤(+)、黒(-)
JP1 2Pソケット 圧電スピーカのON/OFF切替用
JP1 2Pピンヘッダ 短い方をハンダ付け
R6 抵抗 510Ω(緑茶茶)
C7 コンデンサ 1μF(105)
C8 コンデンサ 1μF(105)
C9 コンデンサ 1μF(105)

【PKG-03】クリスタル

部品記号 部品名 備考
X1 クリスタル 16MHz
C1 コンデンサ 22pF(22)
C3 コンデンサ 22pF(22)

【PKG-04】電源関係

部品記号 部品名 備考
J1 DCジャック  
D1 LED 赤:極性有り(長い方が+)
SW1 スライドスイッチ 電源用
U2 3端子レギュレータ 基板番号:CA_02_A(裏面に記載)
C5 電解コンデンサ 47μ:極性有り(長い方が+)
R1 抵抗 1KΩ(茶黒赤)
R3 抵抗 1KΩ(茶黒赤)
R4 抵抗 1KΩ(茶黒赤):スピーカ保護用
D2 ダイオード 1S1588
F1 リセッタブルFUSE 0.1A(耐圧60V)

【PKG-05】ミニステレオジャック

部品記号 部品名 備考
J2 ミニステレオジャック 外部スイッチ入力用
C2 コンデンサ 0.01μF(103)電源用
C4 コンデンサ 0.01μF(103)
C6 コンデンサ 0.01μF(103)
R2 抵抗 10KΩ(茶黒橙)LED調光用
R5 抵抗 10KΩ(茶黒橙)リセット用

【PKG-06】LCD

部品記号 部品名 備考
U3 LCD ATD1602CP

【PKG-07】オプション基板

「フルパッケージ版」に付属するオプション

※「基本パッケージ」には含まれません。

部品記号 部品名 備考
U4 マイコン ATTiny13A(8Pタイプ)
- ICソケット 8P
SP2 圧電スピーカ:丸  
J5 ミニステレオジャック  
SW2 スライドスイッチ イヤホン/スピーカ(切替用)
J4 L型ピンヘッダ  
JP2 2Pピンソケット マイコン接続用
JP2 2Pピンヘッダ 短い方をハンダ付け
R7 抵抗 1KΩ(茶黒赤)スピーカ保護用
VR1 半固定抵抗 50KΩ(503)イヤホンボリューム調整用
C10 コンデンサ 0.01μF(103)
C11 コンデンサ 0.01μF(103)
C12 コンデンサ 0.01μF(103)
- サブ基板 基板番号:CA_02_B(裏面に記載)

 

2020年7月 6日 (月)

CWエイリアン亜種(ブレボでいいの)について

Dsc_0411

ハンダ付けなし、30分で完成できる簡単キット

  • ブレッドボードの上に部品を配置するだけで完成します。
  • ハンダ付けする必要はありません。(ハンダ付が必要な部品は処理済)
  • 各部品のリード線は、必要な長さにカット済(一部の部品はブレッドボードの穴に合わせて曲げる必要があります。)
  • 回路図および実体配線図添付(2020/07/09 更新)

  ※本キットにUSBケーブル(電源用)およびスイッチ(2個)は含まれません。

  ※本キットでは、CWインベーダー(JQ1SRNさんが頒布)を遊ぶことが出来ません。

Alien_20200705184001

Alien_20200709201201

 

【(実体)配線図の見方】

  • ジャンパー線は色によって長さが決まっています。
  • 黄色や白線は、区別が付き難いため黒い枠を付けて有ります。(実際には黒い線は有りません。)
  • 赤い点はブレッドボードに指す位置を表しています。(赤い線を除く)
  • コンデンサは青と茶の2種類があります。(極性なし)
  • 長さが1のジャンパー線(被覆無し)は、見落とさないでください。(2カ所あります。)
  • LEDは長い方がです。

 

【作成方法】

※事前に部品に不足が無いか確認してください。

①ジャンパー線をブレードボードに指してください。

  • 立体交差する所は、下を先に差し込みます。
  • ジャンパー線は、差し込む前に真っ直ぐにしてください。
  • ラジオペンチやピンセットなどは先間違えたパーツを抜くときに便利です。
  • 全ての配線が終わったた配線に間違えが無いかチェックしてください。

②部品を順番に指していきます。

順番 部品の種類
抵抗
USB電源
3 LCD(液晶ディスプレー)
4 コンデンサ(青)
5 オーディオジャック
6 LED(極性注意)
7 電源スイッチ
8 マイコン
9 コンデンサ(茶)
10 圧電スピーカー(極性なし)

③動作確認

  1. 配置に間違いが無いか確認して下さい。
  2. 向きはオーディオジャックが有る方が上です。(横長に置く)
  3. 電源スイッチを前から見て右に倒しておく。
  4. USB(マイクロUSB)コネクターをPCまたは、USB電源とつなぎます。
  5. 電源スイッチを左に倒します。LCDのバックライトが点灯し、ゲームのオープニングが表示されます。
    ※電源が入らない等、異常を感じた場合は、直ちに電源を切り配線を確かめてください。

     

ゲームの遊び方

 

【大型液晶化】

Dsc_0410

ブレッドボードの特徴は、自由に改造が出来る事です。本キットには含まれませんが、大型液晶化の例を紹介します。

用意するもの

大型液晶「ATD1602A-14」(aitendo) 

(LCD1602A 同等品)

部品が大型なため、部品の配置や配線が換わります。

一度、全ての部品およびジャンパー線を外してから組み立て直してください。

Big

Big_20200709201201

2020年6月27日 (土)

CWエイリアン(差し替えROM版)について

Dsc_0372


CWエイリアンの遊び方(リンク)

本キットは、JQ1SRNさんが頒布している「CW INVADERS」(以下CWインベーダー)のROMを交換し、CWエイリアンを遊べるようにするための物です。

◆少しの改造とROMで、CWインベーダーとCWエイリアンを切り替えて遊ぶことができます。

◆CWエイリアンはスイッチが2個必要になるため、縦振電鍵1個では遊べません。別途スイッチを用意してください。

◆本キットは、CWインベーダーおよび、CWインベーダー2に対応しています。

 ただし、一部CWインベーダーはパターンカットが必要になります。詳しくは下記をご覧ください。

【ご注意】

CWインベーダー基板の一部にパターンカットが必要な物がありました。

パターンカットの有無は以下の写真を参考にしてください。

なおこの問題は、CWインベーダー2では発生しません。

Kiban23432

パターンカットはオーディオジャックを一度外してから行う必要がありますので、ご了承ください。

【CWインベーダーの改造】

 

 しかし、SWを2個使うため、CWインベーダーにSWを追加する改造する必要です。(回路図参照)

パターンカット等は有りませんが、(一部の基板ではカットがあります)

立体配線になりますので、スペーサー等(5mm程度)を使用してください。

Cial

D4(6)に抵抗とコンデンサを追加し、オーディオジャックの空き端子に接続します。

この改造をしても、CWインベーダに影響を与えない設計となっており、ROMの

交換だけで、両方のゲームを楽しむことができます。

 

【キットの内容】

①コンデンサ 0.01μF  1

②抵抗    1KΩ   1

③ジャンパー線     1(長さや色は、異なる場合があります。)

④絶縁用ビニールパイプ 1

⑤CWエイリアン用ROM  1

※CWインベーダー本体およびスイッチは、本キットに含まれません。別途ご用意ください。

Dsc_0404_20200627080701

【改造手順】

CWインベーダーは、既に完成していることを前提に説明します。

①CWインベーダーのROM(左上のチップ)を抜きます。CWインベーダー2の場合、抵抗が少し邪魔になりますが、少し斜めからドライバー等を差し込み、チップが平行になるように抜いてください。一方だけを持ち上げるとピンが曲がってしまいます。

Dsc_0362

②コンデンサーのリード線をL字に曲げます。

Dsc_0357

③コンデンサーの下に抵抗のリード線を通します。

Dsc_0358

④コンデンサのリード線を2回程度抵抗に巻き付けます。

Dsc_0359

⑤巻き付けた所をハンダ付けし、余分なリード線をカットします。

Dsc_0361

⑥抵抗のリード線を2~3mm残してカットしSP端子の下側にハンダ付けします。

Dsc_0363

⑦コンデンサのリード線に絶縁用ビニールパイプを通してSP端子のアース側に接続します。

余ったリード線はカットします。
Dsc_0364  

⑧抵抗とコンデンサーの間に、ジャンパー線をハンダ付けします。

Dsc_0366

⑨ROMのリード線下段の右から6番目にジャンパー線をハンダ付けします。

Dsc_0367

⑩CWエイリアンのROMを挿します。電源を入れてCWエイリアンが起動する事を確認します。

起動が確認出来たら一旦電源をきります。

Dsc_0372

【SWを接続する】

CWエイリアンは、2個のSWが必要です。

Key_20200620214001

タクトスイッチでも遊ぶことは可能ですが、高速でスイッチをON/OFFする必要があるため軽いスイッチが望ましいです。

エレキーなどのパドルを使用することは可能ですが、SW1とSW2が同時に押せるタイプをご利用ください。

(同時押し=HELP機能)

Dsc_0099

※キットと同時購入限定ですが、マウス型パドルも頒布致します。(数に限り有り)

マウス型パドルについて

2020年6月26日 (金)

CWエイリアンの遊び方

Dsc_0088

【更新履歴】

Ver01.12 2020.10.01 頒布初版
Ver01.06 2020.06.24   ベータ版
Ver.01.10 2020.08.17  難易度の修正。聞きもらし対応
ここでは、CWALIENS(以下CWエイリアン)の遊び方について解説します。

【クイックリファレンス】

①初めで使用する場合は、SW2を押したまま、電源を入れてください。以下のメニューが表示されたら、SW1を押してゲームを初期化してください。(各種設定と、ハイスコアが初期化されます。)
初期化が終わると自動的に②へ進みます。

Dsc_0373

②SWを何も押さずに電源を入れるとゲーム選択画面が表示されます。

Dsc_0374

③SW1を押すと欧文、SW2を押すと和文モードが表示されます。
(欧文)

Dsc_0375

(和文)

Dsc_0399

④ゲームが始まったら画面の文字とモールス信号が流れてきます。(画面ではG)

Dsc_03782

⑤画面の文字とモールス信号が一致している場合はSW1を、不一致の場合はSW2を押してください。
正しい文字が、[ ]の間に表示されます。(以後、[ ]をシールドと呼びます。)
⑥正解の場合、エイリアンが破壊され。*が表示されます。
不正解の場合、エイリアンが1つ左に進みます。
⑦一定条件でエイリアンを破壊すると次のステージに進めます。

ゲームクリア(ステージ30)を目指してがんばろう!!
※詳しい判定等は【CWエイリアンの得点について】を参照してください。

 

【CWエリアンの構成】

CWエリアンには、モールに3つのゲームと2つの聴き取り機能がついています。

項目 内容 選択方法
CWエイリアン(欧文) 表示とCW信号の一致・不一致を選択するゲーム(欧文) 電源ON後、SW1を押す
CWエイリアン(和文) 表示とCW信号の一致・不一致を選択するゲーム(欧文) 電源ON後、SW2を押す
欧文聴き取り A~Z、0~9、欧文記号を順に聞き取る、初心者向けの機能 電源ON+SW1で表示したメニューから選択
和文聴き取り ア~ン、和文記号を順に聞き取る、初心者向けの機能
コントラスト

LCDのコントラストを設定する機能
※外部LCDを接続した場合に使用します。

I-DA-KEN(偉打鍵) 1分間に「V」の符号を何回入力できるか競うゲーム、結果によって段級が発表されます。
初期化

各種設定と、ハイスコアが初期化する機能。

※初めてゲームを起動する場合は、念のため初期化してください。

電源ON+SW2

Menu_20200620213901

【CWエイリアンの得点について】

欧文、和文ともにほぼ同じ構成になっています。(差分については後述)
ステージ:1~30
得点:正解の場合100点加算される。不正解の場合300点減点される。また、正解を続けると文字の移動時間が遅くなる。
遅延減点:表示された文字が1文字左に進む毎に10減点される。また、失敗を続けるを文字の移動時間が早くなる。
ゲームクリア条件:ステージ30迄を一定条件でクリアした場合
ステージのクリア条件:正解率50%70%以上およびシールドが破壊されないこと。
 ※[ ]はシールドと呼びます。エイリアンが進行してシールドに達すると破壊されます。
ステージボーナス:各ステージの正解率が95%以上の場合、1000点とHELPポイントが1点加算される。
 また、正解率が90%以上~95%未満の場合500点が加算される。(HELPポイントは加算されない)
ゲームクリアボーナス:ステージ1~30までの合計点に加えHELPポイント1点に付き1000点加算される。
 高い得点を得るためには、出来るだけ沢山のHELPポイントを貯めましょう。(最大32000点加算のチャンス)

Dsc_0391

【ゲームの判定】

画面上(初期位置は右端)に文字を表示しモールス信号音が流れる。
文字と信号音の組み合わせが正しいと思ったらSW1(〇)を押す。
文字と信号音の組み合わせが誤っていると思ったらSW2(×)を押す。
なお、一定時間内にSWを押さない場合、1文字分左に移動し、10点減点される。
聞きもらした場合、エイリアンが4つ左に移動したとき再度モールス信号を流します。
聞きもらしてもう一度聞く場合、合計50点減点になります。

【HELP機能】(間に合わないと思ったら!)

CWエイリアンにはHELPポイントがあります。(初期値:欧文1、和文2)
連続して失敗すると、エイリアンの移動速度がドンドン早くなります。
シールドが破壊されそうと思ったら、SW1とSW2を同時に押し、HELP画面が表示されるまで待ってください。(HELP画面が表示されたらすぐにSW1,SW2を離す。)
3秒間ゲームが停止した後、エイリアンが初期位置に、移動速度が初期状態に戻ります。ただし、3000点の減点になりHELPポイントが1つ減ります。
HELPポイントが0の場合に、SW1とSW2を同時に押しでもHELP機能は動作せず、3000点の減点になりますので注意してください。

【ステージについて(欧文)】

1~3:導入ステージ ゲームの流れを掴むため比較的ゆっくり進みます。(60CPM程度)
4~5:数字や記号が出てきます。(60CPM程度)
※休憩ポイント
6~10:少し早くなります。(70CPM程度)
※休憩ポイント
11~20:かなり早くなります。(100CPM程度)
※休憩ポイント
21~30:ベテランでも厳しくなります。(150CPM程度)
※CW速度を測定し、訂正しました。

【ステージについて(和文)】

1:ア~コ(48CPM程度)
2:サ~ト(48CPM程度)
3:ナ~ホ(48CPM程度)
4:マ~ン、ヲ ヰ ヱ ゛ ゜(48CPM程度)
5:マ~ン、ヲ ヰ ヱ ゛ ゜ - 」 ( ) ,(48CPM程度)
※休憩ポイント
6~10:少し早くなります。(56CPM程度)
※休憩ポイント
11~20:かなり早くなります。(80CPM程度)
※休憩ポイント
21~30:ベテランでも厳しくなります。(120CPM程度)
【和文の特殊文字】※LCDの仕様上の制限
LCD(表示器)には、和文特有の「ヰ」「ヱ」のフォントが有りません。
ゲーム中は以下の表示となりますので、読み替えてください。
「ヰ」⇒「#」(シャープ)
「ヱ」⇒「ェ」(小文字のエ)

Dsc_0393

【ステージボーナス】

8、13、15、18、23、25、38各ステージは文字数が少なく、ボーナスポイントが獲得しやすくなっています。

【ハイスコア】

(欧文)

Dsc_03971

(和文)

Dsc_0380

ゲーム終了時(ゲームオーバーも含む)にハイスコアーの判定を行います。

ゲーム起動時に、現在のハイスコアーを確認することが出来ます。

※ゲーム途中で電源を切った場合は、ハイスコアーは記録されません。

※ハイスコアーは欧文と和文別々に管理されます。

※マイナスの点数は、ハイスコアーとして記憶されません。

※ステージはハイスコアーが出た時のステージとなります。

【I-DA-KEN VVV(偉打鍵)】

電源ON+SW1で表示したメニューからI-DA-KENを選択します。

本ゲームは、縦振り電鍵を使います。(スイッチでも可)

※I-DA-KENは、SW2を使いません。

※本ゲームはモールス信号の正確性を求めておりません。

余興の1つとお考えください。

①I-DA-KENの画面が表示されたら縦振電鍵に差し替えてください。

(以降SW2は使用しません。)

SW1を1回押します。カウントダウンが3回ありゲームが始まります。

Dsc_0340

②ゲームが始まったらV(・・・-)を60秒間連続で入力します。

※符号の正確性は問いません。また、出来るだけ高速入力できるよう、サイドトーンは鳴りません。
替りにLEDは点灯します。
⇒フルキット(外付けオプション)でサイドトーンが鳴るようになりました。
※V以外の記号を入力するとCPMの計算に誤差が生じます。(COUNTは変わりません)

Dsc_0400

上段:経過時間と現時点での速度(CPM)を表示します。

下段:COUNT(短点+長点の合計)を表示します。(Vの数ではありません。)

③60秒経過すると一旦画面が消えます。入力を止めてください。

最終的なカウントの合計と速度(CPM)を表示します。

速度の計算は簡略した式を使用しており、誤字判定もしないため、正確な値ではありません。

Dsc_0341_20200624174301

④SW1を押すと段・級判定を行います。

※「モールス電信技能認定」とは、判断基準が異なります。

速度(CPM) 段位
130以上 名人(偉打鍵)
129~110 五段
109~100 四段
99~90 三段
89~80 二段
79~70 初段
69~60 1級
59~45 2級
44~25 3級
24以下 破門

Dsc_0342

⑤SW1を押すと①にもどる。

【FAQ】

Q1:LCDが(一部または全部)表示しないときがある。

A1:タイミングの問題で表示されない場合があります。(下半分が表示されない場合もあります。)

お手数ですが、電源を入れなおしてください。

 

Q2:SW2を押したのにSW1と誤動作する。

A2:電源電圧が不安定になると誤動作する可能性があります。

 

Q3:SWを押してないのに勝手にSWが入る。

A3:外部ノイズにより誤動作する場合があります。近くに無線機などが有る場合は離してください。

  また、SWと並列に0.1~1μF程度のコンデンサを入れても効果があります。

 

Q4:I-DA-KENでSWを押しても音がしない。

A4:I-DA-KENは高速入力を優先するため、サイドトーンを使用していません。

(技術的にはサイドトーンとタイマー割り込みが競合)

⇒CWエイリアンキットでサイドトーンに対応しました。(要オプションボード)

※替えROM版は対応しておりません。

 

Q5:CWエイリアンを音を止められませんか?

A5:ゲームの性質上(音ゲー)、音を止めることはできませんが出力先をイヤフォンに改造する事は可能です。

 詳しい改造方法等は別の記事で紹介します。

⇒Ver01.12版のボードにスピーカー対応ON/OFFの2ピンヘッダを追加しました。

※替えROM版は対応しておりません。

Dsc_0084-_2p

Q6:CWエイリアンは頒布されますか?

A6:2020年10月よりVer01.12を頒布します。(数量限定)

 

Q7:コントラストの設定を変更しても変化が有りません。

A7:コントラストの変更はコマンドでコントラストを出来るタイプの外付け用です。
  外付けであっても、VRでコントラストを変更するタイプや固定コントラストのLCDには効果がありません。
  また、オンボードのLCDはコントラストが固定となっております。

 

«カーチャンクサーバー関連リンク

無料ブログはココログ
フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31