頒布品一覧

Dsc_0006

- 2022年1月の新作 -

Serial for Paddle(メモリキーヤーのメモリー登録ツール)

CWインベーダー改造キット(K3NG化)

M5Textpad(Seripad機能+テキスト送信機能)

-従来品-

FT-857 Ext Meter(for M5Stack)

CWエイリアン

シールドバッテリー警報器


Serial for Paddle

  (写真左側)

K3ng

以下に主な特徴を紹介します。
- 主な特徴 -

・欧文/和文/各種記号に対応
・5~30WPMの速度に対応(変更はボリューム及びコマンド)
・直前に送信した内容の再送信
・固定メッセージ(自局コールサイン等)のインライン呼出
・パドルに加え、縦振電鍵(以下ストレートキー)にも対応(コマンド切替)
・特定記号(「<」、「>」、「(」、「)」)による欧文<=>和文自動切替
・全ての機能がコマンドラインで行えるため、組み込み機器にも使えるシンプル設計
・ドラック&ドロップによる簡単バージョンアップ

写真 種類 特徴 在庫数 頒布価格
Dsc_0002_20220111114201 完成品

・ファームウェアは最新版
・リセットスイッチ(オプション)実装済
・取扱説明書(PDF)は当サイトよりダウンロード可能
・ケース、USB等付属しません。

1 2,000円
Dsc_0003_20220111115801 キット

・ファームウェアは最新版
・表面実装スイッチのみ実装済
・部品点数15、初心者でも簡単に作れます。
・組立説明書(PDF)は当サイトよりダウンロード可能
・ケース、USB、マット等付属しません。


5

1,500円

ドキュメントは以下を参照

Serial for Paddleについて


CWインベーダー改造キット(K3NG化)

CWインベーダーおよびCWエイリアンにボタンやボリュームを追加しK3NG化するキット。

改造後もマイコンを差し替える事で、引き続きCWインベーダーやCWエイリアンが遊べます。

※現在、ケースに入れて使用している場合、ケースに入らない場合があります。

※マイコンの足にハンダ付けが必要なため、電子工作に慣れている必要があります。

写真 種類 特徴 在庫数 頒布価格
Dsc_0004_20220118145101 改造完成品
  • CWエイリアンの完成品を改造したものです。
  • K3NGマイコンが付属します。
  • CWエイリアンのマイコンが付属します。エイリアンの種類を指定してください。
    (①エイリアン、②SP、③ZERO)
2 6,000円

Dsc_0003_20220114151501

Photo_20220114151501

キット①
  • 既にCWインベーダーをお持ち、または購入予定の方のキットです。
  • 単体では使用できません。
  • 部品キットです。
  • K3NGのマイコンが付属します。
  • CWエイリアン等は付属しません。
  • CWインベーダー等の改造が必要です。
3 1,500円

Center_0001_burst20220113164040411_cover

Photo_20220114151501

キット②
  • 既にCWインベーダーをお持ち、または購入予定の方のキットです。
  • 単体では使用できません。
  • 拡張ボードは完成しています。
  • K3NGのマイコンが付属します。
  • CWエイリアン等は付属しません。
  • CWインベーダー等の改造が必要です。
2 2,000円
Dsc_0005_20220118145101

CWインベーダーII
(改造完成品)


  • 動作検証に使用したCWインベーダーIIです。
  • 動作に支障はありませんが、LCD左下に汚れが有るため、訳あり品として提供します。
  • CWインベーダー(正規品)とK3NG両方のマイコンが付属します。
  • 個別に買うより格安です。
1個限定 5,000円

※CWインベーダーはJQ1SRNさんのサイトから購入してください。
 購入代行、制作代行は行っておりません。

ドキュメントは以下を参照

CWインベーダーK3NG化キット(K3NG keyer CWA)について


 

M5Textpad

Dsc_0003_20220118101601

機能に加えSDカードから読みこんだテキストを送信する機能を追加したものです。

バッテリーを内蔵しており、PCの無い環境でも使用できます。和文にも対応しています。

頒布は、完成品のユニットのみです。M5Stack(BASICまたはgray)はAmazon,秋月電子等で別途ご購入ください。

写真 種類 特徴 在庫数 頒布価格
Center_0001_burst20220118101928483_cover ユニット
  • ユニットは完成品です。
  • 別途M5Stackが必要です。
  • 別途SDカードが必要です。
  • 単体ではご使用いただけません。
  • FT-857 Ext meterとスタック(重ねて)して使用できます。
  • スタックした場合、ソフトウェアの切替が必要です。
5 1,500円

ドキュメントは以下を参照

M5Textpadについて


FT-857 Ext Meter (for M5Stack)

  • M5Stackのアプリとして動作します。
  • 接続は、アナログメータケーブルとUSB電源(TYPE-C)のみです。
  • 「アナログメータモード」と「レコーダーモード」を切り替えて使う事ができます。
  • 「レコーダモード」では、約15秒前までの情報を表示します。(FT8の1タイムスロット分)
  • M5Stack(BASICまたはGray)とSDカードを別途ご用意ください。
  • ソースファイルを除き、自作するために必要な資料は、全て公開しています。(ソフトは無償提供) 
  • 使用可能なタイプはM5Stack BASICとM5Stack Grayのみです。他の機種では動作しません。
  • FT-817/818は、アナログ出力端子がないので使用できません。
  • 予告なく仕様を変更する場合があります。

Dsc_0004

「アナログメーターモード」


Dsc_0022

「レコーダーモード」

 

写真 種類 特徴 在庫数

頒布価格

Ver2

ユニット
(完成品)


  • ユニット(色:グレイ)
  • M5Stackが別途必要
  • SDカードが別途必要
  • インストールが別途必要
    (ソフトは無償提供)
  • 付属するユニバーサル基板は使用しません。

3

2,000円
Dsc_0156

ユニット
(キット)


  • ユニット作成に必要な部品が全て揃っています。
  • 表面実装部品は配線済です。
  • M5Stackが別途必要
  • SDカードが別途必要
  • インストールが別途必要
    (ソフトは無償提供)
  • 付属するユニバーサル基板は使用しません。
1,500円

ドキュメント

FT-857 Ext Meter(for M5Stack)

FT-857 Ext Meterキットの作成


CWエイリアン(CW受信練習ゲーム)

Dsc_0087

JQ1SRNさんのCWインベーダーに触発されてCW受信用のゲームを作成しました。

【お知らせ】2021年7月1日よりROMが(3種類の中から)1つ選択できるようになりました。

(A)ROMの種類と特徴

   CW ALIEN CW ALIEN SP ZERO
ROMコード ①エイリアン(又は指定なし) ②SP ③ZERO
シールの色 黄色
レベル 初級~中級 中~上級 初心者~初級
速度ゲーム × ×
コントラスト
欧文聴取り × ×
和文聴取り × ×
縦振モード ×

エレキーモード

×

 

(B)各パッケージROMのスピード比較

ステージ CW ALIEN(初級~中級) CW ALIEN SP(中~上級) ZERO(初心者~初級)
1~5 15WPM 15WPM 9WPM
6~10 24WPM 24WPM 12WPM
11~20 30WPM 30WPM 18WPM
21~25 34WPM 34WPM 22WPM
26~30 36WPM

 

(C)頒布品の種類

写真 種類 特徴 予定数 頒布価格

Dsc_0087


A:フルキット

オプションを含んだキット
・①のROMを1個選択できます。
・外部スピーカー対応
・イヤホン対応
4

 


 

4,500円
Dsc_0088 B:基本キット 本体のみのキット
・①のROMを1個選択できます。
・オプション無し
4,000円

Dsc_0087

C:完成品

フルキットの完成品
①のROMを1個選択できます。

 

5,500円
Dsc_0405 D:追加ROM
  • ROMを追加する場合が対象です。
  • ①/②/③から1つを選択してください。
  • 頒布価格は全て同じです。
10

1,000円

(1個あたり)

※頒布価格は、送料込みです。

(D)注文時の指定方法

  キットの種類+ROMの種類を指定してください。

 例)

  • B:基本キット+①エイリアン
  • C:完成品+③ZERO
  • 追加ROM(②SP)

 ※キットの種類のみでROMの指定が無い場合は①エイリアン

  を指定したとみなします。

(E)関連ドキュメント

ドキュメント A:フルキット B:基本キット C:完成品
CWエイリアンの遊び方
CWエイリアンキット(本体)の組み立て方 ×
CWエイリアンキット(サブ基板)の組み立て方 × ×
CWエイリアンキットの部品表 ×
CWエイリアン スペシャル バージョン
モールス練習機能付きCWエイリアン「ZERO」(初心者向き)

※ゲームを楽しむには、別途DC電源(9~15V)と外部スイッチ(ボタンスイッチ×2 または2ボタン式パドル)が必要です。


シールドバッテリー警報器(カーバッテリー対応版)
①キットの内容

  • シールドバッテリーまたは、カーバッテリーが一定電圧以下になると警報を光と音で知らせる
  • 外部出力により警報を外部に知らせる事が可能(60V以下、500mA以下)

②頒布品の種類

写真 種類 特徴 在庫数 頒布価格
Dsc_0919

キット


・シールドバッテリーまたはカーバッテリーに対応します。(切替は設定変更が必要)

・警報を光と音で知らせます。


2


1,000円

Balm 完成品

上記に加え以下の特徴があります。

・シールドバッテリーまたはカーバッテリー用に調整済で出荷します。


1


2,000円

※頒布価格は、送料込みです。

③ドキュメント

シールドバッテリー警報器(Battery AlarmVer0.4a) ※カーバッテリー対応版


 

頒布方法について

頒布品のお申込みからお届け迄を説明いたします。


①お申込み
(メール)


②ご回答
(メール)
③お支払い ④発送+メール

 

①お申込み(メール)

以下のテンプレートを参考にメールを送ってください。

件名 〇〇キット(または完成品)頒布希望
本文

お名前 (必須):
コールサイン(任意):
頒布品名(必須):
頒布品名    :
頒布品名    :
合計金額:
備考:

メールの送り先

Call

②ご回答(メール)

在庫を確認のうえ、お支払い方法について詳しく説明を致します。

※在庫切れの場合もありますので、ご回答メールが届くまでは、お支払いをお待ちください。

なるべく、早く回答いたしますが、2~3日経っても返事が無い場合は再度ご連絡下さい。

※メールの不通や、迷惑メールに振り分けられていた事がありました。

③お支払い

お振込み用口座は設けておりません。お手数ですが、以下のいずれかの方法でお願い致します。
定額小為替は手数料が発生し、発送までの日数もかかるため、
amazonギフトをお勧め致します。
※頒布価格は送料を含みます。複数お申込みの場合は送料の割引が適用される場合があります。

  • amazonギフト
  • 定額小為替(郵便局)

④発送+メール

支払いが確認できましたら、順次発送致します。

発送が完了したら、メールも送ります。

※発送は、普通郵便、スマートレター(2cmまで)またはレターパックライト(3cmまで)を使用します。

(厚さが3cm超える場合は宅配便)

普通郵便やスマートレターは 追跡が出来ませんのでご了承ください。

なお、受け取りの都合上、宅配便や簡易書留をご希望の場合は、申込メールの備考等に

その旨記載してください。

宅急便、簡易書留等をご希望の場合は、予めお申込みメールの備考欄にご記入をお願い致します。

発送方法によっては、追加料金が発生する場合があります。

◆その他

  • 頒布品は原則ケースが付属しません。
  • 原則、紙のマニュアルは付属しません。本ブログの各ドキュメントをご覧ください。
  • 頒布品がイメージと異なる等の場合、頒布品到着後1週間以内、未作成(完成品の場合は未使用)
    に限り返品に応じます。お手数ですが、返品の際の送料はご自身のご負担をお願い致します。
  • 頒布品到着後、欠品が無いか確認してください。欠品の場合はご連絡ください。不足分を送ります。
    なお、部品に在庫が無い等、発送までにお時間を頂く場合があります。
  • 動作がおかしい、表示がおかしいなど、不具合が発生した場合はご連絡ください。
    出来る限りサポート致します。
  • キットに改造を加える場合は自己責任でお願い致します。(サポート対象外)
    なお、改造のアイデアやご提案は歓迎いたします。
  • 作成の代行は行っておりません。完成品については、在庫限りです。
  • 予告なく仕様変更を行う事があります。
  • 個人情報は、頒布品の関係にのみ使用し、発送後約1ヶ月で消去致します。
    再注文等の場合は、改めて注文メールをお願い致します。

 

 

 

2022年1月18日 (火)

M5Textpadについて

Dsc_0003_20220118101601

M5TextpadはSeripadの機能に加えSDカードから読みこんだテキストを送信する機能を追加したものです。

従ってシリアル通信機能については、Seripadをご覧ください。

バッテリーを内蔵しており、PCの無い環境でも使用できます。

Poket

※バッテリーの容量はあまり多くありませんので、長時間使用する場合はモバイルバッテリー等をお使いください。


M5Textpadで追加された機能

①SDカード(/data/cw.txt)に保存されたテキストを2行分表示します。

ボタンAまたはボタンBを押すと表示されたテキストをCW(パドル)出力します。

Cボタンを押すと次の2行を表示します。

Dsc_00032


②10行分表示したあとに、Cボタンを押すとMenuを表示します。

Dsc_0004_20220118120001


③Menuが表示されている状態でAボタンを押すとシリアル通信モードになります。

Dsc_0005


④Menuが表示されている状態でBボタンを押すとConfigモードになります。
 Configで以下の設定および、ステータス確認ができます。


通常は、左短点、右長点となっています。
使いやすい設定にしてください。
リバースモードにすると左長点、右短点になります。
設定した内容はSDカードに保管されます。

※シリアル通信からも設定でき、設定は保管されます。

Dsc_0007

CW出力の速度を変更できます。
接続先に合わせて設定を変更してください。
Aボタン:-1(最小 5WPM)
Bボタン:+1(最大30WPM)
設定した内容はSDカードに保管されます。

※シリアル通信からも設定できますが、設定は保管されません。

Dsc_0008_20220118123001

キーの種類を選択できます。
接続先
Paddleを選択した場合は、短点と長点の信号がそれぞれの端子から出ます。
Straihth(縦振電鍵)を選択した場合は、短点と長点の信号がが左の端子からのみ出ます。

Dsc_0011

ステータスを表示します。表示する内容は

速度:WPM)

パドル:Normal/Revars(短点と長点を反転させる)

Key-Type:Paddle/Straigtht(縦振電鍵)

言語:欧文(モード)/和文(モード)

Center_0002_burst20220117115811246

 


M5Textpad取扱説明書

ダウンロード - M5Textpad取扱説明書(6MB PDF)


ソフトウェア

ダウンロード - sdimgv07.zip

上記ソフトをインストールしてください。(M5TextpadとFT-857 Ext Meter共通です。)

初めてインスト―ルする場合は、以下のページの各項を参照してください。

「操作方法」、「SDカードをセットアップする」、「ランチャーソフト(LovyanLauncher )のインストール」

http://ji1pvv.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-af3341.html#SDD


ユニットの回路図

Photo_20220118142801


ユニットの実体配線図

M5textpad


頒布について

頒布は、完成品のユニットのみです。M5Stack(BASICまたはgray)はAmazon,秋月電子等で別途ご購入ください。

頒布については、トップページをご覧ください。

2022年1月14日 (金)

CWインベーダーK3NG化キット(K3NG keyer CWA)について

Photo_20220114143901

 既にコンプしてしまったりして、片隅でホコリを被ってしまっているCWインベーダーをもう一度復活させませんか?

このたび、CWインベーダーを改造し、K3NG keyer化するキット(K3NG Keyer CWA)の頒布いたします。本キットは、CWインベーダー(IIを含む)およびCWエイリアン(以下CWインベーダー)に適用できます。

 

 K3NGの設定は、CWインベーダーの仕様に合わせ、変更しています。また、CWインバーダーの機種やリリース時期により改造パターンが異なりますので、事前に確認をお願い致します。

※ K3NG keyer CWA:K3NG keyer for CW INVADERS and CW ALIENS
※このキットは、JQ1SRNさんと直接関係有りませんので、本件に関しJQ1SRNさんに問い合わせ等を行わないでください。

Kai


改造後の主な仕様

項目 内容
ソストウェア入れ替え マイコンの差し替えによる。マイコンを元にもどせば、引き続きCWインベーダーで遊ぶことができます。
改造後のKEYについて ハード的にはパドル仕様となりますが、CWインベーダーは縦振電鍵でしか遊べません。
パドルを使ってCWインベーダーを遊ぶ場合は、別途キーヤーが必要です。
K3NGの使用 速度:  5~59WPM(ただし、ボリューム操作は5~30WPM)
出力:  1つ(TX1) ※TX2はマイコンより信号が出ますが、出力回路が有りません。
PTT:  無し
メモリ: 4つ(欧文のみ)
LCD:  有り
和文:  打つことは出来ますが、メモリーや画面表示は不可
※その他の仕様はK3NGに準じます。※一部の機能(練習モード等)は削除しています。
ハード構造 二段構造で、拡張ボードは下段に配置。(ボタンやボリューム等)
接続はコネクター付きケーブルを採用し分離可能
ボタンの張り出し端子付き

 


キットの内容

(1)拡張ボード

Dsc_0003_20220114151501

(2)CWインベーダー改造パーツ

Photo_20220114151501


CWインベーダー改造説明書

ダウンロード -CWインベーダー改造説明書(PDF 14.8MB)


関連ドキュメント

K3NG Keyerのコマンド一覧と実装について

(メモリーの登録ツール)

Serial for Paddleについて


頒布について

トップページをご覧ください。

なお、改造代行は行っておりません。

取扱は、キットI(部品のみ)、キットII(改造パーツ+拡張ボード完成品)、CWエイリアン付き完成品の3種類です。

2022年1月 5日 (水)

インストール不要のTeratermポータブル版

teratermは以前より使用していますが、出先などで急に必要な場合や

一時使用でインストールせずに使いたい場合、Teratermポータブル版が便利です。
また、インストール版ではINIファイル等の操作は管理者権限が必要ですが、
ポータブル版では管理者権限は不要です。

手順

ダウンロード~USBに保管するまでの手順を説明します。

①ダウンロード

本家から取得しても良いのですが、複数のファイルがあり間違いやすいので、窓の杜からポータブル版をダウンロード

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/utf8teraterm/

②ダウンロードしたZIPファイルを解凍

③フォルダー事USBに保管

④必要に応じてマクロやINIファイル等もUSBの保管

Ttl

初期設定

初期状態ではメニュー等が英語表記なので、使いやすいように初期設定します。

①USBの「teraterm-x.xxx」(xはバージョン番号)を開きます。

②ttermpro.exeをダブルクリックします。

③TeratermとNew connectionのダイヤログが表示されます。

④(いまは接続しないので)Canselをクリックします。

⑤Setup⇒Generalの順にクリックします。

⑥LanguageUIをクリックしJapanese.lngを選択します。

⑦OKをクリックすると表示が日本語に変わります。

⑧必要に応じて端末、ウインドウ、フォント、シリアルポート等を設定します。

⑨Setup⇒設定の保存の順にクリックします。

⑩表示されたファイルがTERATERM.INIになっている事を確認してOKをクリックします。

次回からは設定された状態で起動します。

マクロの起動

teratermとマクロとの関係付けがされていないため、マクロをダブルクリックしてもマクロは起動しません。

USB環境では以下の手順でマクロを起動します。

マクロは「Setipad」を例に説明します。(Serial for Paddleについて

①USBの「teraterm-x.xxx」(xはバージョン番号)を開きます。

②ttermpro.exeをダブルクリックします。

③「マクロを開く」のダイヤログが表示される。

④「Seripad」⇒開くの順にクリックするとマクロが起動します。

⑤マクロ用のINIファイルが読み込まれていない場合はSetup⇒設定の読み込みでINIファイルを読み込んでください。



 

 

2021年12月21日 (火)

XIAOやWio Terminalにバイナリをインストールする

XAIOのバイナリーをインストール手順は以下の通りです。

なお、Wio Terminalでも同様の手順ですが未確認です。

 

「手順1」バイナリ(.bin)を.uf2形式に変換する。

※.uf2形式のファイルがある場合は「手順2」に進んでください。

.bin形式のファイルを.uf2形式に変換します。

コマンドでも変換できますが以下のサイトを利用すると便利です。

https://seeedjp.github.io/uf2/

操作方法は以下のサイトにあります。

https://lab.seeed.co.jp/entry/2021/03/29/120000

  1. アドレスを入力します。Seeeduino XIAOは0x2000、Wio Terminalは0x4000と入力してください。
  2. Load .binをクリックして、.binファイルを選択します。
  3. 画面下部に、読み込んだプログラムのサイズが表示されます。
  4. Save .uf2をクリックして、.uf2ファイルを保存します。

「手順2」.uf2形式ファイルをインストールする。

  1. PCとSeeeduino XIAOまたはWio Terminalを接続します。
  2. Seeeduino XIAOまたはWio Terminalをリセットしブートローダモードにします。
    リセット手順は以下の通り。
    Seeeduino XIAO

    ピンセットまたはショートラインをを使って、RSTピンを2回ショートします。

    Xiaoreset

    Wio Terminal

    「ON」の逆方向にスイッチをスライドさせ、放してから、もう一度スライドさせます。

    Wtdfu

  3. ブートローダーモードになるとPCにUSBフォルダーが表示されるので、.uf2ファイルをドラックアンドドロップします。
    Usb

 

簡単な手順でインストール出来るので便利です。

2021年12月20日 (月)

Serial for Paddleについて

Dsc_0002_20220111114201

 

-頒布を開始しました-


2022/01/11より頒布を開始しました。これに合わせ、ドキュメントをPDF化しましたので、併せてお読みください。

      最新のファームウェアも01/11に公開しました。

2021/01/01 Ver0.5より和文に対応しました。和文の対応はインラインマクロにより実現しており、入力方法はローマ字入力です。

※K3NG等の本語表示対応でない機器は、日本語表示されない場合があります。

Serial for Paddle(以下SeriPad)は、シリアル通信で入力された英数字をパドル形式で短点と長点を別に出力するインターフェースです。

開発の経緯

元々は、K3NGをベースとするメモリーキーヤーを開発していましたが、開発の過程で長い文章をメモリーに入力中、ミスで何度も失敗するなど、CWスキル不足を痛感していました。せっかくメモリーに入力するのだから綺麗な符号を入力したいと言う思いで作成しました。


Serialpad組立説明書

ダウンロード - Serialpad組立説明書(PDF 8.5MB)


Serialpad取扱説明書

ダウンロード - Serialpad取扱説明書(PDF 1.9MB)


teratermマクロ

teratermは必須で有りませんがご利用になると便利です。

※通常teratermはインストールして使いますが、インストールせずに使うポータブル版はこちら

↓↓↓↓↓

インストール不要のTeratermポータブル版

◆SeriPadで使える簡単なマクロをの使用方法は以下のとおりです。

展開すると2つのファイルがありますので、Seripad.INIをteratermのフォルダー

①C:\Program Files (x86)\teratermに置いてください。

※ポータブル版をご使用する場合は、ポータブル版と同じフォルダーへ

②ファイルを置く場合管理者権限を尋ねられた場合は「継続」をクリックしてください。

③マクロ(Seripad.ttl)はそのまま、お使いいただけますが、起動時にポート番号をサーチしています。

必要に応じてMINとMAXの値を変更してください。

マクロの修正方法を変更しました。赤字で示した部分を修正してください。

下記の例はCOM1、COM4、COM5をスキップします。

;初期設定
MIN = 1 ;通信ポートの最小番号
MAX = 100;通信ポートの最大番号
SKIP_STR='1,4,5,' ;チェックを省略したポート番号を入れる。必ず,で終わること。
setdlgpos 550 600 ;ダイヤログの表示位置
;初期設定終り

※マクロ抜粋

※今後変更する可能性があります。

ダウンロード - Seripad用Teratermマクロ


仕様

表-4 Serial for Paddleの仕様一覧

項目 内容
マイコン SeeeduinoXIAO
電源 USB-Cから供給(5V 10mA)
入力インターフェース シリアルポート(USB-C)
シリアルポート設定 115,200bps 8N1(8bit,ノンパリティー,1ストップビット)
出力インターフェース ミニオーディオ端子(3.5㎜)パドル又はストレートキー出力(コマンドによる切替)
出力接点(パドル時) L:短点
R:長点
※リバース時はLR反転する
出力接点(ストレート時) L:短点および長点
R:使用しない
出力の電気特性 オープンコレクター(40V600mA)
CWの通信速度(WPM) 5~30WPM(可変)
速度変更 コマンドおよび、VR
入力コード 半角ASCII文字
出力 モールスおよび制御コマンド
バッファサイズ(MAX) 64文字(arduinoの仕様)
メモリー機能 無し
改行コード LF
漢字コード UTF-8

 


プログラムのインストールについて

最新のプログラムはバイナリ形式で無償配布します。

最新 2022/01/15 Ver0.5c 

ダウンロード - seripadv05c.uf2

インストール手順は、以下のページを参照してください。

XIAOやWio Terminalにバイナリをインストールする


回路図

Photo_20211221182001


頒布について

2022/01/11より頒布を開始します。

詳しくはトップページをご覧ください。

 

2021年12月 8日 (水)

K3NG Keyerのコマンド一覧と実装について

K3NG Keyer は複数のメモリーを持ち、多彩な機能が有り、多くの方に支持されていますが、

コマンドについて詳しく解説したページが見当たりませんでした。(使って覚えろなのかも知れませんが...。)

また、コマンドの実装についても解説したページが少ないようです。

0.前提

  • 解説は、2020.11.01.01をベースにしています。(他のバージョンでは、仕様が異なる場合があります。)
  • コマンド解説はボタン操作のみとし、CLI、Keyboard等は省略します。
  • ソースを解読した結果なので、実機で確認出来てない物を含みます。
  • LCD有、ボタン操作を前提にします。想定する仕様は以下の通り(注1)
    LCD    16X2
    ボタン   コマンド1個、メモリ最大5個(計6個)
    接続するTX 最大6個
    ボリューム  有り
    PTT端子    無し
  • ボタン操作を有効にする場合は以下の設定をしてコンパイルしてください。
    (keyer_features_and_options.h)
    #define FEATURE_COMMAND_BUTTONS
    #define FEATURE_MEMORIES
    #define FEATURE_POTENTIOMETER
    #define FEATURE _LCD_XXXX //XXXX部分は使用するLCDに合わせる。無い場合はコメントのまま(注1)

1.操作

操作 動作 コンパイル時の設定等
ボタン0を押す コマンドモード ON/OFF コマンドモード中は、実行中のコマンドを終了(中断)する場合にも使われる。
ボタン0を押した後、左パドル 送信速度が速くなる

ボリュームとは別に速度指定が可能。設定は以下の通り。
(keyer_settings.h)
#define initial_speed_wpm xx  //初期値
#define wpm_limit_low  xx      //最低速度
#define wpm_limit_high xx      //最高速度

ボタン0を押した後、右パドル 送信速度が遅くなる
ボタンxを押す(1~12)(注2)
(短押し)
メモリーxを自動送信
中断はパドル
ボタン数=メモリー数 x + 1(個)
(keyer_settings.h)
#define analog_buttons_number_of_buttons x
ボタンxを押した後、左パドル

メモリーをリピート送信
(コンテストに便利。ビーコン的にも使える)
中断はパドル

リピート間隔の設定は以下の通り。
(keyer_settings.h)
#define default_memory_repeat_time xxxx //xxxxはミリ秒
ボタンxを押す(1~6)(注2)
(長押し)
出力をTXxに切り替える TX数の設定は以下の通り。
(keyer_pin_settings.h)
#define tx_key_line_x yy //xTX番号 yyマイコンのpin番号。yy=0 の場合は実装されない。
ボリューム(通常時)

送信速度の設定(注1)
左回し:遅く
右回し:早く


通常時とコマンドモードの速度は別に管理されているが、ボリュームの範囲は同じ値を使っている。
(keyer_settings.h)
#define initial_command_mode_speed_wpm xx//初期値
#define initial_pot_wpm_low_value xx //最低速度
#define initial_pot_wpm_high_value xx //最高速度

ボリューム(コマンドモード時) コマンドモードの速度設定(注1)
左回し:遅く
右回し:早く

左パドルを押したまま電源ON ビーコンモード
メモリー1の内容を自動送信する。
※動作は未確認
(keyer_features_and_options.h)
#define FEATURE_BEACON
右パドルを押したまま電源ON

ストレートキーモード(簡易モード)
打鍵は左パドルで行う。
※コマンドモードはパドル操作
同時操作モードの設定は右の通り

簡易モードについての設定は有りません。
パドルと同時操作モードにする場合は以下の通り。
(keyer_features_and_options.h) 
#define FEATURE_STRAIGHT_KEY
#define FEATURE_STRAIGHT_KEY_ECHO
(keyer_pin_settings.h)
#define pin_straight_key yy  //yyマイコンのpin番号
左右パドルを押したまま電源ON EEPROMの内容リセット

・EEPROMの内容をリセットする場合
・動作に不具合が起きた場合

2.コマンドモード

コマンド 動作  備考
A(・-) Iambic Aモード(スクイズキー) 両側のパドルを開放したら、符号送出を終ります。
B(-・・・) Iambic Bモード(スクイズキー) 両側のパドルを開放したら、いま出ている符号の反対の符号を1個出して終ります。(早い打鍵ではタイミングが難しい)
アイアンビックの詳しい説明はA1clubのページを参照してください。
C(-・-・) シングルパドルモード 押す場合、先に押した方が連続。(切替なし)
離す場合、押したままのキーが連続。
D(-・・) Ultimaticモード 理論上、欧文を最も少ない操作で送信できるモード
押す場合、後から押した方が連続(切替わる)
離す場合、押したままのキーが連続
使用しない場合以下の設定(デフォルトは使用)
(keyer_features_and_options.h) 
#define OPTION_NO_ULTIMATIC
G(--・) バグキーモード 短点:自動、長点:マニュア
E(・) コマンドモードの速度アナウンス コマンドモードの速度をLCDとモールスでお知らせ
F(・・-・) サイドトーンの周波数の表示と調整 パドル左:高く
パドル右:低く
コマンドボタン:設定終了
※ボリュームでは、周波数を変更できません。
確認は?
H(・・・・) 短点と長点比率、符号間隔の初期化 weighting = 50%
dah:dit     = 3.0   (3対1)
I(・・) TXへの送信On/Off(トグル) TX Offの場合、TXに出力されません。無線機を接続中に調整する場合は、Offで行ってください。
J(・---) 短点と長点比率(dah:dit )の調整(注1)
※比率はLCDに表示されません。短点と長点が交互に流れるので音で確認してください。
パドル左:大きく
パドル右:小さく
コマンドボタン:設定終了(数回押さないと終わらない)
※初期化はH、確認は?
K(-・-) 短点、長点バッファーの初期化 ※未確認
L(・-・・) 符号間隔率(weighting)の調整(注1) パドル左:大きく
パドル右:小さく
コマンドボタン:設定終了(数回押さないと終わらない)
※初期化はH、確認は?
M(--) コマンドモードの速度設定(注1)
パドル左:早く
パドル右:遅く
パドル左:早く
パドル右:遅く
コマンドボタン:設定終了
N(-・) パドルのリバースモード(トグル) ※間違って入力したら左右各1回でノーマルに
O(---) サイドトーンのOn/Off(トグル)  
P#(・--・) メモリーの登録。(#は1~12)(注2)
「Pgm Memory #」と表示
※ボタンからの操作は最大5
P1:メモリー1に登録する。
    :
P4:メモリー4に登録する。
コマンドボタン:登録を完了する。
※何も入力せずにコマンドボタンを押すと該当メモリーが空になる。

R####(・-・)

シリアル番号を登録する(初期値は1)
####は0001~9999)


シリアル番号は、コンテスト等で、使用する番号でメモリーマクロで使用可能。ただし、キーボードやシリアル接続でないと使用できません。
(メモリーマクロの例)
\e:シリアルナンバーを送信してインクリメント
\n:シリアルナンバーを送信しない
\c:0をT、9をNで送信してインクリメント

T(-)

TUNEモード
LCDに「Tune Mode」と表示


送信機やアンテナの調整に使う。
左パドル:押している時だけ送信
右パドル:送信連続(トグル動作)
コマンドボタン:終了
※左右同時押しでも終了

V(・・・-)

ボリュームの有効/無効(トグル)


速度調整につかうボリュームの有効無効をセット。
不意にボリュームに触れて速度が変わるのを防止

W(・--)

送信速度の設定(注1)
パドル左:早く
パドル右:遅く


パドル左:早く
パドル右:遅く
コマンドボタン:設定終了

X(-・・-)

コマンドモード終了


 

Y####(-・--)

メモリーリピート間隔の調整
####は0001~9999ミリ秒)


メモリボタン+パドル左でメモリーをリピート送信
デフォルトは3秒

Z(--・・)

オートスペース(トグル)


一定時間後にスペースが入る。
以下の設定が有効な場合に機能する。
(keyer_features_and_options.h) 
#define FEATURE_AUTOSPACE

1(・----)
2(・・---)
3(・・・--)
4(・・・・-)
5(・・・・・)

メモリー#内容の確認(#は1~12)
「Memory #」およびメモリー内容(先頭から16文字分)が表示される。
※ボタンからの操作は最大5

・メモリーの内容が音で確認できる。
・サイドトーンをOffにしていても聞こえる。
・メモリー内容が空でもエラーにはならないが、未実装のばんごーはエラーになる。
 -(-・・・-)

PTTのOn/Off(トグル)
※PTT信号が必要な場合

PTT操作を有効にする。
PTT設定は以下の通り。※TX番号と合わせること
(keyer_pin_settings.h)
#define ptt_tx_x yy //xTX番号 yyマイコンのpin番号。yy=0 の場合は実装されない。
・(・-・-・-) 作者からのメッセージ 何と言ってるか、ご自身で確かめてください。
S(・・・) 送信練習モード
※動作は未確認
LEDは無くても問題なさそうです。

以下の設定が有効な場合に機能する。
(keyer_features_and_options.h) 
#define FEATURE_ALPHABET_SEND_PRACTICE
(keyer_pin_settings.h)
#define correct_answer_led yy //yyはマイコンのpin番号
#define wrong_answer_led yy //yyはマイコンのpin番号
(使い方)
Aから順番にZまで打っていく
正しければcorrect_answer_ledが点灯し「ピッ」となる。
誤りならwrong_answer_ledが点灯し「ブッ」となる。
終了はコマンドボタン

U(・・-) 受信送信練習モード
※動作は未確認

以下の設定が有効な場合に機能する。
(keyer_features_and_options.h) 
#define FEATURE_COMMAND_MODE_PROGRESSIVE_5_CHAR_ECHO_PRACTICE
(keyer_pin_settings.h)
#define correct_answer_led yy //yyはマイコンのpin番号
#define wrong_answer_led yy //yyはマイコンのpin番号
(使い方)
お題が表示と音で出されるので同じ符号が出る様にパドル操作します。
LEDは送信練習モードと同じように点きます。
失敗すると同じお題がだされます。成功した場合は、先に進みます。
文字数は1文字から順に5文字まで増えてきます。

?(・・--・・) ステータスのアナウンス

LCDと音(設定値のみ)で以下の内容を知らせます。

  1. Speed in WPM
  2. Keyer Mode
  3. Weighting (%)
  4. Dah to Dit Ratio

注1:LCD有を前提に解説します。LCD無しの場合、周波数や速度調整のパドル操作が逆転します。

注2:実装により上限の数は変わります。

 

コラム:Oコマンド(サイドトーン無し)のところに//zzzzzzzzと有った。

もしかしたら夜中に運用する時の為に作ったコマンドか?
ソースを眺めていると意外な発見がある。

2021年5月22日 (土)

モールス練習機能付きCWエイリアン「ZERO」(初心者向き)


Zero

CW初心者用のプログラムを作成しました。

CW ALIEN ZEROとは

CW ALIENS(以下CWエイリアン)はCWインベーダ互換ハード上で動作するモールス受信練習ゲームです。

ゲームを楽しんでいる間に自然とモールスが聞き取れる耳を養う事を目的として開発しました。

これまでに、「CWエイリアン」、「CWエイリアン スペシャル(以下CWエイリアンSP)」とパッケージROMを頒布を続けてきましたが、初心者用も欲しいとの要望を受け、「ZERO」を開発しました。

ZEROは、「モール符号は打てるが、受信出来ない」「これからモールスを覚えたい」と言う人を対象にしています。モールスを覚えていることは理想ですが、全ての符号を覚えていない人でも「音ゲー」感覚で始める事ができます。

※毎回、シールドの中に正解が表示されます。

CWエイリアンとZEROの比較

  • ZEROはCWエイリアンより30%程度、スピードを遅くしました。(表1)
  • ZEROに、縦振電鍵練習モードを追加しました。
  • ZEROに、エレキー練習モードを追加しました。
  • メモリ不足解消のため、CWエイリアンに有った、「聞き流しモード」と「I-DA-KEN」を削除しました。

(表1)各パッケージROMのスピード比較

ステージ CW ALIEN(初級~中級) CW ALIEN SP(中~上級) ZERO(初心者~初級)
1~5 15WPM 15WPM 9WPM
6~10 24WPM 24WPM 12WPM
11~20 30WPM 30WPM 18WPM
21~25 34WPM 34WPM 22WPM
26~30 36WPM

CWエイリアンZEROの遊び方

Dsc_0067

接続方法

次のように接続します。

Key_20200914154801

起動

Dsc_0176

ZEROの電源を入れるとオープニング画面の後にゲーム選択画面が表示されます。

欧文

  • SW1を押すと欧文の問題が出題されます 。
  • 各ステージの設定は以下のとおり
ステージ 速度 備考
1~3 9WPM程度(2級程度) A~Zが出てきます。
4~5
数字や記号が出てきます。
休憩ポイント
6~10 12WPM程度 1級程度
休憩ポイント
11~20 18WPM程度 初段程度
休憩ポイント
21~30 22WPM程度 2段程度

※モールス電信技能認定の基準

Dsc_0177_20210522141201

和文

  • SW2を押すと和文の問題が出題されます。
  • 各ステージの設定は以下のとおり
ステージ 速度 備考
1 9WPM程度(2級程度)
ア~コ
2 サ~ト
3 ナ~ホ
4 マ~ン、ヲ ヰ ヱ ゛ ゜
5 マ~ン、ヲ ヰ ヱ ゛ ゜ - 」 ( ) ,
休憩ポイント
6~10 12WPM程度 1級程度
休憩ポイント
11~20 18WPM程度 初段程度
休憩ポイント
21~30 22WPM程度 2段程度

Dsc_0178_20210522141201

(休憩画面)

Dsc_0393

ゲームの進め方

Dsc_03782

  • ゲームが始まると、モールスの信号(音)と文字が表示されまます。
  • モースル信号と文字が一致している(正しい)と思った場合は、SW1を押す。
  • 一致していない(誤っている)と間違っていると思った場合は、SW2を押す。
  • 正解の場合、+100点となりエイリアンの位置が1つ右に移動(後退)します。
  • 不正解の場合、-300点となり、エイリアンの位置が1つ左に移動(前進)します。
  • エイリアンがシールドに達するとゲームオーバーです。
  • ステージ毎に決められた問題数をクリアすると成績(正解率)の判定が行われます。
    ※ステージ毎の問題数は非公開
  • 正解率70%以上でかつシールドが破壊されない場合は、次のステージに進めます。
  • さらに、正解率が高いとボーナスがもらえます。

表2 得点およびボーナス条件表

条件 得点・ボーナス 備考
正解    +100 移動速度が遅くなる
不正解    -300 移動速度が速くなる
エイリアンが1つ左に移動    -10  
聞きもらし(5つ左に移動したとき)    -10 同じ符号が流れます
ステージクリア(正解率70%以下)    +0 ゲームオーバー
ステージクリア(正解率70~90%)    +0  
ステージクリア(正解率90~95%)    +500 ステージボーナス
ステージクリア(正解率95%以上)    +1000 (HE+1) ステージボーナス
HELP使用    -3000 (HE-1) HELPペナルティー
ゲームクリア    得点+HE×1000 ゲームクリアボーナス

HELP機能

  • CWエイリアンにはHELPポイントがあります。(表示はHE)
  • 初期値は、欧文で1個、和文2個です。
  • 全ステージ95%以上正解し、一度もHELPを使わなければ、ステージクリアボーナスとして、欧文で31個(+31,000点)、和文32個(+32,000点)が加算されます。
  • SW1とSW2を同時に押し続けると、HELP画面が表示されます。(HELP画面が表示されたらすぐにSW1,SW2を離す。)大幅ペナルティーになるので、使い方には注意してください。
  • HELP中は、3秒間ゲームが停止した後、初期位置にもどり、移動速度も初期状態に戻ります。
  • それまで獲得した点数は残りますが、ペナルティーとして-3000点。HELPポイントが1つ減ります。
  • HELPポイントが0の場合に、SW1とSW2を同時に押しでもHELP機能は動作せず、-3000点になりますので注意してください。

和文の特殊文字

※LCDの仕様上の制限
ステージ4から出題される和文特有の「ヰ」「ヱ」はフォントが有りません。
ゲーム中は以下の表示となりますので、読み替えてください。
「ヰ」⇒「#」(シャープ)   (・-・・-)
「ヱ」⇒「ェ」(小文字のエ)(・--・・)

ステージボーナス

8、13、15、18、23、25、38各ステージは文字数が少なく、ボーナスポイントが獲得しやすくなっています。

ハイスコア

左の2桁はハイスコア時のステージ、右がハイスコアです。初期化するまで、データは消えません。

ZEROのメニューモード

ZEROにはゲームモードの他に練習モードがあります。

SW1を押したままZEROの電源を入れるとメニューモードが表示されます。

項目 内容
⓪縦振電鍵練習モード
縦振電鍵を練習をするモード
縦振電鍵練習モード」を参照してください。
①エレキー練習モード エレキーを練習するモード
「エレキー練習モード」を参照してください。
②スピード設定モード ・縦振電鍵の場合、モールスを判定する速度
・エレキーの送信速度
※設定は8/10/12/15/17/20/24(WPM)の中から1つ選択してください。
サイドトーン設定モード ・縦振電鍵、エレキー共通のサイドトーンです。 
・400Hz~1200Hzの中からお好きな周波数を選択してください。
④コントラスト 外部LCD用の設定です。内蔵LCDでは、設定の必要はありません。
設定終了後、電源をお切りください。

和文について

メニューモードにおいて、次の符号を入力すると欧文と和文が切り替わります。
※ZEROでは、ラタを訂正符号としては扱いません。ご容赦ください。

入力 表示 動作
-・・--- ホレ 欧文⇒和文
・・・-・ ラタ 和文⇒欧文
-・--・- 和文⇒欧文
・-・・-・ 欧文⇒和文

縦振電鍵練習モード

Dsc_0167

最初にスピード設定が表示さます。ご自分に合った速度か確認してください。

※2021/12版よりCPM表示はWPM表示に変わりました。(WPM=CPM÷5)その他の変更はありません。

※WPM表示の横の数字は、デコード可能な速度(WPM)の範囲です。範囲を超えると正しく認識できません。

Dsc_0166_20210519211601

正しく電鍵を叩くと信号と対応する文字が表示されます。

デコード基準は3:3:7です。約短点7個分の時間が経過するスペースが1個入ります。

※文字は右から左に流れていきます。

※上段が符号(短点と長点)、下が文字

Dsc_0169_20210519211601

上の写真はモールスが続いて判別不能なため「*」が表示されています。(俗にナットウ)

正しく打っているのに、この記号が出る場合は判別可能速度より早く打っている可能性があります。

少しゆっくり打つか、スピード設定(WPM)を上げてください。

※速度変更はメニューモードから行ってください。

Dsc_0170_20210519211601

上の写真は「CQ CQ CQ DE」を打っていますが、文字は離れて表示されています。

正しい間隔で打っているのに、離れてしまう場合は、判定可能速度より遅く打っている可能性があります。

少し早く打つか、判定可能速度を調整してください。

Dsc_0165_20210519211701

※スピード設定を24WPMに設定すると「NO DISP」「Expert!」と表示し文字判定を行いません。

エレキー練習モード

エレキーモードの送信速度は、スピード設定モード(8/10/12/15/17/20/24WPM)で行います。
SWと符号の関係は以下の通りです。

スクイズ機能 に対応していますが、慣れるまでは使わない方が練習になります。

SWの押し方 符号  
SW1を1回  
SW1を連続 ・・・・(SW1を離すまで繰り返す)  
SW2を1回  
SW2を連続 ----(SW2を離すまで繰り返す)  
SW1を押した状態でSW2を押す ・-・-(SWを離すまで繰り返す) スクイズ機能
SW2を押した状態でSW1を押す -・ー・(SWを離すまで繰り返す) スクイズ機能

頒布について

キットの製作については、以下を参照してください。(全キット共通)

CWエイリアンキット(本体)の組み立て方

頒布中!

2021年4月28日 (水)

FT-857 Ext Meterキットの作成

FT-857 Ext Meterキット  難易度 ★★☆☆☆

Ver2

FT-857 Ext Meterのユニットキット化しましたので、作成手順を説明します。
なお、キットの頒布方法や仕様については、以下のページを参照してください。

(頒布方法について)

http://ji1pvv.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-9fcdfb.html

(仕様について)

http://ji1pvv.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-af3341.html

 

キットの構成

Dsc_0156

キットはSMD部品を実装済の状態となっています。また、実装する部品も少なく、初心者でも簡単に作成することができます。

Dsc_0181_20210426212401

パッケージはこのようなパッケージでお届けします。

Center_0002_burst20210426205945374

パッケージを開けると写真のようになっておいます。

左から、PKG1,PKG2,基板、ユニバーサル基板とケースです。このうち、ユニバーサル基板とケースは使用しません。

パーツリスト

パーツは以下のとおりです。

パッケージ 品名 数量 備考
PKG-01 抵抗(R1) 1KΩ 1 カラーコード:茶黒赤
抵抗(R3) 10KΩ 1 カラーコード:茶黒橙
コンデンサ(C1,C2)) 1μF 2 表示:105
EMIフィルター(L1)   1 極性:無し
半固定抵抗(VR1) 50KΩ 1 表示:503
PKG-02 抵抗(R5) 220Ω 1 カラーコード:赤赤茶
コンデンサ(C3) 0.01μF 1 表示:103
L型ミニプラグ ステレオ 1  
2Pピンソケット   1 ケーブル50cm付き※
L型2Pピンヘッド(J2)   1  
基板 基板   1 ケース付き。15×2Pピンヘッダ、ピンソケット、LED実装済

※ケーブルの色は選べません。

回路図

Ext2

組み立て手順

ハンダ付けするさい、ケースをハンダコテで溶かさない様注意してください。

心配な場合はM1.5 六角レンチでネジを外し、基板を取り出して下さい。

※ハンダ付け後のリード線は3mm以下にカットしてください。長すぎると、M5Stackの部品と干渉して蓋が閉まらかくなったり、部品を傷つけたりします。

【手順1】

Dsc_0157

抵抗(R1、R3、R5)をハンダ付けします。

【手順2】

Dsc_0158

EMIフィルター(L1)をハンダ付けします。

【手順3】

Dsc_0159

コンデンサ(C1,C2,C3)をハンダ付けします。

【手順4】

Dsc_0160

半固定抵抗(VR1)をハンダ付けします。

【手順5】

Dsc_0162

ケーブルの線をよじってください。線をよじる事によってノイズに強くなります。(ツイストペア線

ケーブルは約50cmありますが、ご自分の環境に合わせてカットしても結構です。

【手順6】

Dsc_0163

写真の右側に穴が開いているので、ケーブルを通してください。

【手順7】

Dsc_0164

ケーブルの先端に付いているL型ピンヘッダをハンダ付けしてください。

※手順6を飛ばしてL型ピンヘッダをハンダ付けしてしまった場合は、ネジを外してからケーブルを通して下さい。
無理にケーブルを通そうとすると部品が痛みます。
※ネジを外して組み立てている場合は、この作業が終わったあとで組み立ててください。

【手順8】

Dsc_0165 Dsc_0166_20210428204601

L型ミニプラグを分解します。下側のストッパーをドライバーや爪などで持ち上げると簡単に外れます。

【手順9】

185

ケーブルにカバーを通します。忘れると「あ!」となりますw

【手順10】

Dsc_0168 Dsc_0164

ミニプラグの先端部をハンダ付けします。
ケーブルの色は複数の組み合わせがあるので、右の写真の上側の色(写真では赤)と一致していることを確認してください。

【手順11】

Dsc_0169 Dsc_0170

残りの線(GND側)をハンダ付けします。

ケーブルの角度を調整し、ラジオペンチなどで、ケーブルが動かないよう固定してください。

【手順12】

Dsc_0171_20210428210501

手順8で分解した時と逆の手順で組み立ててください。

 

以上で作業は終了です。調整は次のページの「フルスケール調整」の項目を参照してください。

FT-857 Ext Meter(for M5Stack)

 

2021年2月23日 (火)

ナウルんを3D化してみた

Sample

ナウル共和国政府観光局日本事務所の公式キャラクター「ナウルん」があったので3D化してみた。

動画(Twitter)


Photo_20210223092901

©2021ナウル共和国政府観光局日本事務所ナウルん (オリジナル)

楕円と円の組み合わせで出来ているので3Dツールの勉強を兼ねてFusion360で作成

作り方は1/2の楕円を作って360°回転させればほぼ出来上がる。

Fusioni

(Fusion360で作成中の画面)

オリジナルは縁取りがあるが、3Dでは表現できないので後で2D化した時に加筆する。

目、口、葉っぱの筋を貼り付けて、マテリアルと色を調整して完成

Naurun_fu

(Fusion360のエクスポート画像)

ダウンロード - naurun20v620v3.f3d

ただ、このままだとFusion360を持っていない人には使えないので

Windows10で標準に付いてる3Dペイントで使えるようFBX形式に変換しました。

ダウンロード - naurun20v620v2.fbx

3Dペイントで開き、角度や、ライトの位置を調整

Naurun3d

(ペイント3Dのエクスポート画像)

あとは、お気に入りの画像に貼り付ければ完成

なお、オリジナルは黒の縁取りがあるので、気になる方はツール等で追加

Naurun3d2

(縁取りを追加)

©2021ナウル共和国政府観光局日本事務所ナウルん
#ナウルなう


【おまけ】(windows10の場合)

作成済のナウルんと写真の合成

今回、エクスポートした画像背景を透過色に設定しているので、ペイント3Dで簡単に合成出来ます。

【用意するもの】

①ナウルんの画像(背景が透過色のもの)

②バックとなる画像

【手順】

  1. バックとなる画像を右クリック➡ペイント3Dで編集する
  2. ペイント3D画面が表示される。
    Paint3d
  3. 「ナウルん」をペイント3Dの上にドラック
    Paint3d2
  4. サイズや位置を調整する。
  5. 必要に応じて文字やスタンプを押す。
  6. メニュー➡名前を付けて保存➡画像

Sample

(完成品)

 

2021年1月22日 (金)

MX-62Mの1200MHzでの特性

Dsc_0037

写真は、愛用のMX-62Mであすが、ずっと1200MHz帯で使えないと思っていた。

もちろん、仕様書に1200MHzで使えるとはどこにも書いてない。

1200MHzを使いたいなら、初めからMX3300MNを使うべきでしょうが、

固定では年に数回しか使わない1200MHz帯のため投資する気にはなれない。

と言う事で、使えない時は諦めることを前提に調べてみた。

※メーカー保証外の使い方なので、自己責任で。

結論から言うと、VSWR的には問題なく、LOSSが2~5db有る事が判った。


仕様要約

●通過帯域:LPF:1.6〜56MHz/HPF:76〜470MHz
(但し76〜120MHzは受信のみ)
●通過電力:600W(PEP)
●挿入損失:LPF:0.2dB以下/140〜470MHz:0.3dB以下
●端子間アイソレーション:50dB以上
●特性インピーダンス:50Ω
●SWR:1.2以下


430MHz帯と1200MHz帯を比較しながら、nanoVNAの特性も確認

赤色:MX-62Mにダミーロードを付けて測定

深緑:キャリブレーション

(430MHz VSWR)

カタログではVSWRは1.2以下となっておりほぼ規定内

430m

(1200MHz帯 VSWR)

低い方は1.33前後、平均1.2とまずまずの結果

 1200mvswr

続いてLOSSを測定

(430MHz帯 LOSS)

カタログデータでは、0.3dBとなっているので、変換コネクター等で3dB 位LOSSが追加されている。

430mloss

(1200MHz帯 LOSS)

LOSSは、2~5dB位ある。

しかし、この周波数帯で5dbで済むなら暫定的に使えそう。

1200m

 

実際の交信レポートなどは、後日

«FT-857 Ext Meter(for M5Stack)

無料ブログはココログ
フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31