« FT-817/818NDに適したモバイルアンテナ【その4】 | トップページ | FT-817/818NDに適したモバイルアンテナ【目次】 »

2018年6月20日 (水)

FT-817/818NDに適したモバイルアンテナ【その5】

【その5】ロングワイヤーアンテナ(釣り竿アンテナ)

RHM8B」は大変便利ですが、3.5MHz帯に出る事ができません。そこで、ワイヤー

アンテナを使って運用する方法を紹介します。ワイヤーアンテナを張るスペース

があれば、3.530MHz1本のワイヤーアンテナで出られます。

◆釣り竿について

アンテナ線を地上より高く上げる事で電波の飛びが良くなります。アンテナ線を高く

上げる方法として良く釣り竿が用いられます。

しかし、元々釣り目的に作られた物なので、その性質を良く理解しておかないと思わぬ

事故に合う可能性があります。(注3

おすすめは3.5m~4.5mの「タマ網竿」です。「タマ網竿」は、比較的値段も安く丈夫です。

コンパクト(4560cm)に収納でき、先端のネジ穴(1/2インチ)を使って色々な物が

取り付けられます。

3)カーボンロッドは電気を通すので、送電線等に触れると感電の恐れがあります。

◆「MFJ-902B」のSWR調整

MFJ-902B」のSWR調整はパターン2と同じです。SWRが下がらない場合はアンテナ線と

同じ長さまたは、最低周波数の1/4λの長さのラジアルを接続してください。

◆測定結果

(表5)が測定結果です。ラジアル線はアンテナ長と同じ長さを1本取り付けてあります。

釣り竿は3.6mの物を使用し、先端は地上1mの位置に固定しました。アンテナ長が

5mの場合3.5MHzSWRが下がりませんでした。アンテナ線の長さが10mと20mの

場合は、全てすべて1.2以下となりました。

Tbl5

(表5)ロングワイヤーの設定値

« FT-817/818NDに適したモバイルアンテナ【その4】 | トップページ | FT-817/818NDに適したモバイルアンテナ【目次】 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FT-817/818NDに適したモバイルアンテナ【その4】 | トップページ | FT-817/818NDに適したモバイルアンテナ【目次】 »

無料ブログはココログ
フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31