無料ブログはココログ
フォト

« AKCの新規メンバー募集について | トップページ | Kicad 作成済みの部品の色を変える。 »

2019年10月22日 (火)

Microbit用ブレークアウトボードについて

秋月電子に新しいMicrobit用ブレークアウトボードが乗っていました。

まだ、実物を手に入れていませんが、カタログベースで従来品と比較してみたいと思います。

K14191

図1.AE-MBIT-BREAKOUT-V(秋月製)

K13090

マイクロビット用コネクターブレイクアウトボード(従来品)

表1.仕様比較

品名 AE-MBIT-BREAKOUT-V コネクターブレイクアウトボード
メーカー 株式会社秋月電子通商 Kitronik Ltd.
販売価格(秋月、税込) 500円 430円(完成品:680円)
マイクロビットの接続 専用ボードに対して垂直 専用ボードに対して水平
キットの内容
  • 専用基板
  • カードエッジコネクタ 1.27mm SMD 80P(実装済)
  • ターミナルブロック 2pin ×5
  • Pinソケット2X20(DIP)
  • 専用基板
  • カードエッジコネクタ 1.27mm 80P
  • Pinソケット2X20(DIP)
専用電源コネクター 無し(ターミナルブロックで代用可能) 無し
自由配線スペース 無し 有り、簡易ブレッドボードとして利用可能

 

エッジコネクター配線対応表

Microbitエッジコネクター AE-MBIT-BREAKOUT-V ブレイクアウトボード
0 ターミナルブロック(0) Pinソケット(3,4)
1 ターミナルブロック(1) Pinソケット(13,14)
2 ターミナルブロック(2) Pinソケット(25,26)
3V ターミナルブロック(3V) Pinソケット(35,36)
GND ターミナルブロック(GND) Pinソケット(37,38,39,40)
3 Pinソケット(1,2) Pinソケット(1,2)
4 Pinソケット(3,4) Pinソケット(5,6)
5 Pinソケット(5,6) Pinソケット(7,8)
6 Pinソケット(7,8) Pinソケット(9,10)
7 Pinソケット(9,10) Pinソケット(11,12)
8 Pinソケット(11,12) Pinソケット(15,16)
9 Pinソケット(13,14) Pinソケット(17,18)
10 Pinソケット(15,16) Pinソケット(19,20)
11 Pinソケット(17,18) Pinソケット(21,22)
12 Pinソケット(19,20) Pinソケット(23,24)
13 Pinソケット(21,22) Pinソケット(25,26)
14 Pinソケット(23,24) Pinソケット(27,28)
15 Pinソケット(25,26) Pinソケット(29,30)
16 Pinソケット(27,28) Pinソケット(31,32)
17 Pinソケット(29,30,31,32)

Pinソケット(35,36)

18
19 Pinソケット(33,34) スルーホールのみ
20 Pinソケット(35,36) スルーホールのみ
21 Pinソケット(37,38,39,40) Pinソケット(37,38,39,40)
22

まとめ

【ブレークアウトボード】

  • マイクロビット本体の配置と同じ並び順で2x20Pinソケットに配線使用としているが、入れきれな19、20端子(I2C関連)はスルーホールのみとなっている。端子の並び順がバラバラなため誤配線の可能性がある。
    なお、I2C関連を使用しなければ、フラットケーブル1本で外部と接続できるメリットもある。
  • キットの場合、80Pの配線が大変。
  • 基板に対して平行に接続することになりケーシングには工夫が必要

【 AE-MBIT-BREAKOUT-V

  • 使用頻度の高い0,1,2,3V,GNDをブロック端子にすることで、2x20Pinソケットに空きができ、I2C関連も含めて3~22まで順番に並べてある。これは、初心者が迷う事が少なくなり良い改善点てんだとおもう。
  • フラットケーブル1本での外部は出来なくなる。(2本にすれば問題はないが)

  • 完成品は現在無いようだが、配線はブロック端子と2x20Pでありハンダ付けはブレークアウトボードの半分以下と簡単。
  • 本体以外をケーシングする場合は比較的容易でできる。

 

以上

 

 

 

« AKCの新規メンバー募集について | トップページ | Kicad 作成済みの部品の色を変える。 »