« カーチャンクサーバを使うための無線機の設定一覧 | トップページ | FT-81XVer0.7リリース(本人も久々過ぎて忘れてたw) »

2020年3月21日 (土)

カーチャンクサーバー使ってアンテナの性能試験

Anttest

カーチャンクサーバーのパワーテスト機能(FT-817NDの場合5/2.5/1/0.5W)を使って
アンテナの性能試験(相対利得)を計ったみた。

 

【準備】

①FT-817NDの通常の出力を0.5Wに設定する。(FT-818NDは1W)

②カーチャンクサーバーのパワーテスト機能をONにする。

③カーチャンクサーバの運用を開始する。

④カーチャンクサーバが受信できる範囲に移動する。(Sメータで3~5程度)

移動先は出来れば障害物が無く、同じ標高で安全な場所が望ましい。

⑤今回はハンディ機(DJ-G7)をターゲットにしたので手持の状態で測定

※測定は被測定アンテナと比較対象アンテナ(出来れば利得が明確なもの)を持参すること。

【測定】

以下、被測定アンテナ、比較アンテナを全て測定する。

今回は、438.750MHz(FM)

①ハンディ機にアンテナを接続する

②カーチャンクする

③アナウンスで送信出力を確認しながらSメータを記録する。

※測定方法は「第一電波 」の記事を参考に、片手で持って口元に近づけ、アンテナがなるべく垂直になるようにして計測を行った。(無線機はダミーではなくDJ-G7)

https://www.hamlife.jp/2020/03/20/diamondant-ant-sokutei-special/

 

【測定結果】Sメータ(平均)

アンテナ 5W 2.5W 1W 0.5W
DJ-G7付属 5 4 2 1
ID-51付属 8 7 5 4
SRH805S 6 5 3 1
ロケットの激安アンテナ 5 4 3 2
秋月UH-561S 8 7 5 4
ピカント(基本形) 9 8 7 6
ピカント(ネズミ型) 8 7 5 4

 

Ant2_20200322105401

【考察】

結果は一つの例でしかないが、意外に差が出た。(個人的感想です。)

1W基準に電力比は以下のとおりです。

0.5W = -3db 1W = 0db 2.5W = +4dB 5W = +7dB

ID-51付属のS5を基準としてみると

  • 秋月アンテナとネズミ型はID-51と同程度
  • DJ-G7が -7dB SRH805Sが -4dbとなった。
    両者とも1200MHz帯までサポートしているため性能を犠牲にしているのかも知れない。
  • ピカント基本形はID-51付属比+3dBくらいです。

Dsc_0881_20200321184401

ピカント(基本形)

Pikant_gain

ピカント(基本形)の指向性と利得(MMANA)

Pikant2

ピカント(ネズミ型)

 

1回だけの測定なのであくまで参考としてご覧ください。

 

 

« カーチャンクサーバを使うための無線機の設定一覧 | トップページ | FT-81XVer0.7リリース(本人も久々過ぎて忘れてたw) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

AKC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カーチャンクサーバを使うための無線機の設定一覧 | トップページ | FT-81XVer0.7リリース(本人も久々過ぎて忘れてたw) »

無料ブログはココログ
フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31