« FT-857 Ext Meter(for M5Stack) | トップページ | ナウルんを3D化してみた »

2021年1月22日 (金)

MX-62Mの1200MHzでの特性

Dsc_0037

写真は、愛用のMX-62Mであすが、ずっと1200MHz帯で使えないと思っていた。

もちろん、仕様書に1200MHzで使えるとはどこにも書いてない。

1200MHzを使いたいなら、初めからMX3300MNを使うべきでしょうが、

固定では年に数回しか使わない1200MHz帯のため投資する気にはなれない。

と言う事で、使えない時は諦めることを前提に調べてみた。

※メーカー保証外の使い方なので、自己責任で。

結論から言うと、VSWR的には問題なく、LOSSが2~5db有る事が判った。


仕様要約

●通過帯域:LPF:1.6〜56MHz/HPF:76〜470MHz
(但し76〜120MHzは受信のみ)
●通過電力:600W(PEP)
●挿入損失:LPF:0.2dB以下/140〜470MHz:0.3dB以下
●端子間アイソレーション:50dB以上
●特性インピーダンス:50Ω
●SWR:1.2以下


430MHz帯と1200MHz帯を比較しながら、nanoVNAの特性も確認

赤色:MX-62Mにダミーロードを付けて測定

深緑:キャリブレーション

(430MHz VSWR)

カタログではVSWRは1.2以下となっておりほぼ規定内

430m

(1200MHz帯 VSWR)

低い方は1.33前後、平均1.2とまずまずの結果

 1200mvswr

続いてLOSSを測定

(430MHz帯 LOSS)

カタログデータでは、0.3dBとなっているので、変換コネクター等で3dB 位LOSSが追加されている。

430mloss

(1200MHz帯 LOSS)

LOSSは、2~5dB位ある。

しかし、この周波数帯で5dbで済むなら暫定的に使えそう。

1200m

 

実際の交信レポートなどは、後日

« FT-857 Ext Meter(for M5Stack) | トップページ | ナウルんを3D化してみた »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FT-857 Ext Meter(for M5Stack) | トップページ | ナウルんを3D化してみた »

無料ブログはココログ
フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31