« MX-62Mの1200MHzでの特性 | トップページ | FT-857 Ext Meterキットの作成 »

2021年2月23日 (火)

ナウルんを3D化してみた

Sample

ナウル共和国政府観光局日本事務所の公式キャラクター「ナウルん」があったので3D化してみた。

動画(Twitter)


Photo_20210223092901

©2021ナウル共和国政府観光局日本事務所ナウルん (オリジナル)

楕円と円の組み合わせで出来ているので3Dツールの勉強を兼ねてFusion360で作成

作り方は1/2の楕円を作って360°回転させればほぼ出来上がる。

Fusioni

(Fusion360で作成中の画面)

オリジナルは縁取りがあるが、3Dでは表現できないので後で2D化した時に加筆する。

目、口、葉っぱの筋を貼り付けて、マテリアルと色を調整して完成

Naurun_fu

(Fusion360のエクスポート画像)

ダウンロード - naurun20v620v3.f3d

ただ、このままだとFusion360を持っていない人には使えないので

Windows10で標準に付いてる3Dペイントで使えるようFBX形式に変換しました。

ダウンロード - naurun20v620v2.fbx

3Dペイントで開き、角度や、ライトの位置を調整

Naurun3d

(ペイント3Dのエクスポート画像)

あとは、お気に入りの画像に貼り付ければ完成

なお、オリジナルは黒の縁取りがあるので、気になる方はツール等で追加

Naurun3d2

(縁取りを追加)

©2021ナウル共和国政府観光局日本事務所ナウルん
#ナウルなう


【おまけ】(windows10の場合)

作成済のナウルんと写真の合成

今回、エクスポートした画像背景を透過色に設定しているので、ペイント3Dで簡単に合成出来ます。

【用意するもの】

①ナウルんの画像(背景が透過色のもの)

②バックとなる画像

【手順】

  1. バックとなる画像を右クリック➡ペイント3Dで編集する
  2. ペイント3D画面が表示される。
    Paint3d
  3. 「ナウルん」をペイント3Dの上にドラック
    Paint3d2
  4. サイズや位置を調整する。
  5. 必要に応じて文字やスタンプを押す。
  6. メニュー➡名前を付けて保存➡画像

Sample

(完成品)

 

« MX-62Mの1200MHzでの特性 | トップページ | FT-857 Ext Meterキットの作成 »

ナウル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MX-62Mの1200MHzでの特性 | トップページ | FT-857 Ext Meterキットの作成 »

無料ブログはココログ
フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31