« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月18日 (火)

M5Textpadについて

Dsc_0003_20220118101601

M5TextpadはSeripadの機能に加えSDカードから読みこんだテキストを送信する機能を追加したものです。

※リンク切れ更新しました。

従ってシリアル通信機能については、Seripadをご覧ください。

バッテリーを内蔵しており、PCの無い環境でも使用できます。

Poket

※バッテリーの容量はあまり多くありませんので、長時間使用する場合はモバイルバッテリー等をお使いください。


M5Textpadで追加された機能

①SDカード(/data/cw.txt)に保存されたテキストを2行分表示します。

ボタンAまたはボタンBを押すと表示されたテキストをCW(パドル)出力します。

Cボタンを押すと次の2行を表示します。

Dsc_00032


②10行分表示したあとに、Cボタンを押すとMenuを表示します。

Dsc_0004_20220118120001


③Menuが表示されている状態でAボタンを押すとシリアル通信モードになります。

Dsc_0005


④Menuが表示されている状態でBボタンを押すとConfigモードになります。
 Configで以下の設定および、ステータス確認ができます。


通常は、左短点、右長点となっています。
使いやすい設定にしてください。
リバースモードにすると左長点、右短点になります。
設定した内容はSDカードに保管されます。

※シリアル通信からも設定でき、設定は保管されます。

Dsc_0007

CW出力の速度を変更できます。
接続先に合わせて設定を変更してください。
Aボタン:-1(最小 5WPM)
Bボタン:+1(最大30WPM)
設定した内容はSDカードに保管されます。

※シリアル通信からも設定できますが、設定は保管されません。

Dsc_0008_20220118123001

キーの種類を選択できます。
接続先
Paddleを選択した場合は、短点と長点の信号がそれぞれの端子から出ます。
Straihth(縦振電鍵)を選択した場合は、短点と長点の信号がが左の端子からのみ出ます。

Dsc_0011

ステータスを表示します。表示する内容は

速度:WPM)

パドル:Normal/Revars(短点と長点を反転させる)

Key-Type:Paddle/Straigtht(縦振電鍵)

言語:欧文(モード)/和文(モード)

Center_0002_burst20220117115811246

 


M5Textpad取扱説明書

ダウンロード - M5Textpad取扱説明書

 


ソフトウェア

ダウンロード - sdimg07a.zip

上記ソフトをインストールしてください。(M5TextpadとFT-857 Ext Meter共通です。)

初めてインスト―ルする場合は、以下のページの各項を参照してください。

「操作方法」、「SDカードをセットアップする」、「ランチャーソフト(LovyanLauncher )のインストール」

http://ji1pvv.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-af3341.html#SDD


ユニットの回路図

Photo_20220118142801


ユニットの実体配線図

M5textpad


頒布について

頒布は、完成品のユニットのみです。M5Stack(BASICまたはgray)はAmazon,秋月電子等で別途ご購入ください。

頒布については、トップページをご覧ください。

2022年1月14日 (金)

CWインベーダーK3NG化キット(K3NG keyer CWA)について

Photo_20220114143901

 既にコンプしてしまったりして、片隅でホコリを被ってしまっているCWインベーダーをもう一度復活させませんか?

このたび、CWインベーダーを改造し、K3NG keyer化するキット(K3NG Keyer CWA)の頒布いたします。本キットは、CWインベーダー(IIを含む)およびCWエイリアン(以下CWインベーダー)に適用できます。

 

 K3NGの設定は、CWインベーダーの仕様に合わせ、変更しています。また、CWインバーダーの機種やリリース時期により改造パターンが異なりますので、事前に確認をお願い致します。

※ K3NG keyer CWA:K3NG keyer for CW INVADERS and CW ALIENS
※このキットは、JQ1SRNさんと直接関係有りませんので、本件に関しJQ1SRNさんに問い合わせ等を行わないでください。

Kai


改造後の主な仕様

項目 内容
ソストウェア入れ替え マイコンの差し替えによる。マイコンを元にもどせば、引き続きCWインベーダーで遊ぶことができます。
改造後のKEYについて ハード的にはパドル仕様となりますが、CWインベーダーは縦振電鍵でしか遊べません。
パドルを使ってCWインベーダーを遊ぶ場合は、別途キーヤーが必要です。
K3NGの使用 速度:  5~59WPM(ただし、ボリューム操作は5~30WPM)
出力:  1つ(TX1) ※TX2はマイコンより信号が出ますが、出力回路が有りません。
PTT:  無し
メモリ: 4つ(欧文のみ)
LCD:  有り
和文:  打つことは出来ますが、メモリーや画面表示は不可
※その他の仕様はK3NGに準じます。※一部の機能(練習モード等)は削除しています。
ハード構造 二段構造で、拡張ボードは下段に配置。(ボタンやボリューム等)
接続はコネクター付きケーブルを採用し分離可能
ボタンの張り出し端子付き

 


キットの内容

(1)拡張ボード

Dsc_0003_20220114151501

(2)CWインベーダー改造パーツ

Photo_20220114151501


CWインベーダー改造説明書

ダウンロード -CWインベーダー改造説明書(PDF 14.8MB)


関連ドキュメント

K3NG Keyerのコマンド一覧と実装について

(メモリーの登録ツール)

Serial for Paddleについて


頒布について

トップページをご覧ください。

なお、改造代行は行っておりません。

取扱は、キットI(部品のみ)、キットII(改造パーツ+拡張ボード完成品)、CWエイリアン付き完成品の3種類です。

2022年1月 5日 (水)

インストール不要のTeratermポータブル版

teratermは以前より使用していますが、出先などで急に必要な場合や

一時使用でインストールせずに使いたい場合、Teratermポータブル版が便利です。
また、インストール版ではINIファイル等の操作は管理者権限が必要ですが、
ポータブル版では管理者権限は不要です。

手順

ダウンロード~USBに保管するまでの手順を説明します。

①ダウンロード

本家から取得しても良いのですが、複数のファイルがあり間違いやすいので、窓の杜からポータブル版をダウンロード

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/utf8teraterm/

②ダウンロードしたZIPファイルを解凍

③フォルダー事USBに保管

④必要に応じてマクロやINIファイル等もUSBの保管

Ttl

初期設定

初期状態ではメニュー等が英語表記なので、使いやすいように初期設定します。

①USBの「teraterm-x.xxx」(xはバージョン番号)を開きます。

②ttermpro.exeをダブルクリックします。

③TeratermとNew connectionのダイヤログが表示されます。

④(いまは接続しないので)Canselをクリックします。

⑤Setup⇒Generalの順にクリックします。

⑥LanguageUIをクリックしJapanese.lngを選択します。

⑦OKをクリックすると表示が日本語に変わります。

⑧必要に応じて端末、ウインドウ、フォント、シリアルポート等を設定します。

⑨Setup⇒設定の保存の順にクリックします。

⑩表示されたファイルがTERATERM.INIになっている事を確認してOKをクリックします。

次回からは設定された状態で起動します。

マクロの起動

teratermとマクロとの関係付けがされていないため、マクロをダブルクリックしてもマクロは起動しません。

USB環境では以下の手順でマクロを起動します。

マクロは「Setipad」を例に説明します。(Serial for Paddleについて

①USBの「teraterm-x.xxx」(xはバージョン番号)を開きます。

②ttermpro.exeをダブルクリックします。

③「マクロを開く」のダイヤログが表示される。

④「Seripad」⇒開くの順にクリックするとマクロが起動します。

⑤マクロ用のINIファイルが読み込まれていない場合はSetup⇒設定の読み込みでINIファイルを読み込んでください。



 

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

無料ブログはココログ
フォト
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31