« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月

2022年10月17日 (月)

表面実装型三端子レギュレータの放熱効果

表面実装型三端子レギュレータの放熱は放熱器等を用いない場合、基板の銅箔やエポキシ樹脂などから行います。

編密には基盤の面積、素材の熱抵抗などから計算しますが、実験するのが早いので以下の条件で測定してみました。

基板:72×47mm両面エポキシ基板(表面積の80%が銅箔)

発熱部品:表面実装型三端子レギュレータ 出力(5V)

負荷電流:0.2(A)

入力電圧(発熱量):

     9V(0.68W)

     12V(1.19W)

    13.8V(1.5W)

     15V(1.7W)

表面実装型三端子レギュレータ

A:NJM2845DL-05(低損失型 5V800mA INPUT~15V)

B:NJM7805SDL1(5V1.5A INPUT~35V)

測定結果

【NJM2845DL1】

Nmjn2845dl1_9v

15Vまで放熱は出来ている。ただし、12V以上は50℃を超えるため、基板がむき出しとなる場合は9V以下が望ましい。

50℃を超えると3DプリンターのPLAが溶けたり変形する可能性があり工夫が必要です。

【NJM7805SDL1】

Nmjn7805dl1_9v_2

9V/12Vは放熱出来ているが、13.8V以上は1分以内に60℃を超えてしまうため測定を中断しました。
約3gの自作放熱器(表面積約20㎠)を付けて測定したところ、最大50℃で安定しました。
放熱器を付ければ、実用範囲に入りますが表面実装のメリットは無くなりますね。

【考察】
NJM7805SDL1は、発熱量1W以下(高い電圧で小さい電流または低い電圧で1A以下)で使うのがよさそうです。
(個人的感想です)

 

 

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30