« 頒布:Serial for Paddle | トップページ | M5Stack(CORE)にQRコードを表示するアプリ »

2023年3月22日 (水)

FT-857外部メーターとM5HanRadioのSDカードを共有する

FT-857外部メーター(FT-857_EXT)とM5HamRadioはM5Stackシリーズを使用しています。

左:FT-857外部メーター、右:M5HamRadio(ICSMeter)

Dsc_0092

※FT-857外部メーターは、M5Core2 (Core2、AWS など) に対応しておりません。
FT-857外部メーターはメーターモードとグラフ表示モードがあります。

※M5HamRadioは F4HWNさんが開発したIC-705、IC-7300、IC-9700用のアプリケーションで
以下のアプリケーションが含まれ全て無料で使用できます。

  • ICSMeter (デフォルトのアプリケーション)
  • ICマルチメータ
  • DXトラッカー

Dsc_0093_20230322111501

【使用プラットフォームの比較】

アプリケーション プラットホーム
FT-857外部メーター M5Core (Basic、Grey、Fire など) 
M5HamRadio M5Core (Basic、Grey、Fire など)
M5Core2 (Core2、AWS など) 

【FT-857外部メーターとM5HamRadioの切り換え】

SDカードに両方のアプリを入れることで、相互に切り替えることが出来ます。

ただし、FT-857外部メーターとM5HamRadioはファイルシステムが異なるため工夫が必要です。(設定方法は後述)

Dsc_0094_20230322111401

ローダー

切り換え方向 ローダー 切り換えボタン
FT-857_EXT ⇒ M5HamRadio LovyanLauncher v0.2.3 リセット+左ボタン
M5HamRadio ⇒ FT-857_EXT BlnLoader V0.5 リセット+中ボタン

【M5HamRadioのインストール】

M5HamRadioはF4HWNさんが商用利用を禁止しているので、頒布品にも含める事はできません。
インストールは以下の手順に従い、ご自身で行ってください。

1.事前準備

PC、M5Stack、micro SD カード(4~16GB、FAT32でフォーマット済)

2.M5Burner 3.x.xのインストール(2.x.xは使用できません)

  • 以下のURLにアクセスする
    http://docs.m5stack.com/en/download
  • PCのOSに合わせたM5Burnerをダウンロードする
    Burner
  • ダウンロードしたファイルを展開し任意の場所に置く

3.M5HamRadioをインストールする

  • PCとM5StackをUSBで接続する
  • M5Burnerを起動する
  • ①にM5HamRadioと入力する
  • ②Downloadをクリックする
    Radio
  • ③表示が以下のように変わったらBunをクリックしインストールする
    Load
  • ④Continueをクリックする
    Cont

  • ⑤COM番号を選択する。エラーになる場合は変更する。
  • ⑥Startをクリックする
    Start
  • ⑦インストールに成功したら、緑のボタンをクリックするする
    Sucsess

4.SDカードを共有する

以下の作業は SDカードにFT-857外部メータのSDを前提に行います。
SDカードのインストールは以下のURLを参照してください。

FT-857 Ext Meter(for M5Stack) ⇒ SDカードをセットアップする

SDカードの設定手順は以下の通りです。

  • 以下のURLを開く
    GitHub - armel_M5HamRadio_ M5HamRadio ファームウェア
    F4hwn



  • ①firmwaresをクリックする
  • ②binファイルを全てダウンロードしSDカードにコピーする
    Bin

  • 最初のページにもどり、③iniをクリックする
  • ④iniファイルを全てダウンロードしSDカードにコピーする

コピー後のイメージ
  Sd

5.iniファイルを設定する(IC-705 Bluetooth 接続の例)

インストールが完了してもそのままでは無線機と接続出来ません。

  • SDカードにコピーしたIC705BT.iniをテキストエディタで開く
    Text

  • Aは接続する無線機に合わせて設定します。
    icom_model   IC-705⇒705、IC-7300⇒7300、IC-9700⇒9700
    icom_address  IC-705⇒0xA4、IC-7300⇒0x94、IC-9700⇒0xA2 
    icom_connect   BTまたはUSB
    icom_device   IC-705のBluetoothのアドレスです。USBの場合、変更不要

  • BはWi-FiのSSIDとパスワードです。Bluetooth接続では不要ですが、
    DXトラッカーでは使用しますので利用する場合は設定しましょう。

  • CはICUSBProxy の設定です。Bluetoothで接続の場合、変更不要

  • Dは周波数です。変更不要

  • EはDXトラッカーで表示される自局の緯度、経度です。
    GoogleMapで現在地を長押しすると表示される数字をそれぞれ入力します。

6.作成したiniを有効にする

iniファイルは作成したままでは有効にになりません。以下の手順で有効にしてください。

  • M5Stackの電源ボタンを1回押す。(リセット)
  • バーグラフが緑から青に変わったら、中ボタンを押す
    Inisel
  • 作成したファイルを選択(左右のボタン)する。
  • 中ボタンを押し確定する。
  • プログラムが起動し「705 BT」と表示される。

7.プログラムを切り替える

7.1 ICSMeter⇒ICMultiMeter

  • M5Stackの電源ボタンを1回押す。(リセット)
  • バーグラフが緑の状態で中ボタンを押す。
    Bln
  • ICMultiMeter.binを選択(左右のボタン)する。
    このとき、左側の表示がLittleFSになっていることを確認してください。
    Dsc_0095
  • 中ボタンを押し確定する。 

7.2 ICSMeter⇒FT-857_EXT

  • M5Stackの電源ボタンを1回押す。(リセット)
  • バーグラフが緑の状態で中ボタンを押す。
  • FT-857_EXT.binを選択(左右のボタン)する。
    このとき、左側の表示がLittleFSになっていることを確認してください。

    Dsc_0096
  • 中ボタンを押し確定する。 

7.3 FT-857_EXT⇒ICSMeter

  • 左ボタンを押した状態で電源ボタンを押し、1秒後に左ボタンを離す。
  • SD Updaterが選択されていることを確認し、中ボタンを押す。
    Dsc_0097
  • 右ボタンを数回おし、ICSMeterを選択する。
  • 中ボタンを2回押し確定する。

 

 

« 頒布:Serial for Paddle | トップページ | M5Stack(CORE)にQRコードを表示するアプリ »

M5Stack」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頒布:Serial for Paddle | トップページ | M5Stack(CORE)にQRコードを表示するアプリ »

無料ブログはココログ
フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31