FT-710 CW フルブレーク/セミブレーク切り換えツール(Ver0.2)

お知らせ


2024/02/02 FT-710CWFS_v01aリリースしました。

  • TUNE機能追加
  • TUNE実施時のモード選択

2024/01/31 FT-710CWFS_v01aリリースしました。

  • タスクトレイへのアイコン追加 ⇒ ダブルクリックで元にもどります。
  • オートセーブに関する不具合の修正

2024/01/30 FT-710CWFS_v01リリースしました。

  • COMポート番号、通信速度のオートセーブ機能追加
    ※TUEN機能は開発中

お試し版

動作が確認できたので、お試し版は終了しました。


Ft7103

FT-710でCWのフルブレークとセミブレークの切り換えツールを作ってみました。(Windows10/Windows11版)

事前準備・インストール

①以下のファイルをダウンロードし解凍後に解凍してください。

ダウンロード - ft710cwfs_v02.zip

仮想COMポートドライバーをインストールしてください。

 ※既にインストール済の場合は省略できます。

 Enhanced COM Portが CAT-1で本ツールが接続するポートです。

 Standard COM PortがCAT-2はTX制御(PTT、CWキーイング、FSK制御)です。

③FT-710の「OPERATION SETTING」を以下の設定にしてください。

項目 設定値 設定範囲
CAT-1 RATE 38400(推奨) 4800/9600/19200/38400/115200
CAT-1 CAT-3
STOP BIT
1bit 1bit/2bit

※CAT-1 RATEは変更可能

④本ツールをインストールしたPCとFT-710をUSBケーブルで接続してください。

⑤接続後、デバイスマネージャーからEnhanced COM Port のCOMポート番号を確認します。

ツールの各機能

Ft7104

FT-710のEnhanced COM Port 番号を選択します。
COMポートの通信速度を設定します。※デフォルトの場合は変更不要
FULL(フルブレークイン)に設定します。
SEMI(セミブレークイン)に設定します。
FT-710に接続/切断します。
TUNEのON/OFFを行います。
TUNEクリック時、MOXが有効になります。
TUNEクリック時、PTTが有効になります。
終了します。

操作

【起動・設定】

①本ツールを起動します。

②COMおよびSpeedを設定します。※FT-710の設定に合わせる。

③TUNEのモード(MOX/TX)を選択します。

④「接続」をクリックします。表示が「切断」に変ります。

※もし、FT-710のPTTが動作する場合、COMポートが誤っているかもしれません。
 直ちに「切断」をクリックするか、USBケーブルを抜いてください。

FULL/SEMI切り換え】

フルブレークとセミブレークを切り替えます

・「FULL」:フルブレークに切り替わります。

・「SEMI」:セミブレークに切り替わります。

【TUNE】

外部アンテナチューナーを調整するため、送信機をON/OFFにします。

・ON時:TUNEボタンが赤く変わります。モードがRTTYに切り替わり送信機がONになります。

・OFF時:TUNEボタンが元の色にもどります。送信機がOFFになり、モードがCWに切り替わります。

【終了】

①「切断」をクリックしてください。

②右上の「×」をクリックするとアプリが終了します。

※動作に異常が有る場合は直ちに使用を中止してください。

無料ブログはココログ
フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30